【村瀬広樹のUTAMARO(ウタマロ)日記】~プロレス武者修行 ~【56】「レジェンドレスラーの秘密」

When I’m wrestling overseas, I hear a lot of interesting stories.
It’s very interesting,
but I can’t say it to everyone.
They make me angry.

海外でプロレスをするようになり沢山のレジェンドレスラーと話す機会が増えた。

日本のみんなも知ってる選手だと、ドリー・ファンク・ジュニアさんや、スタン・ハンセンさんに、トミー・ドリーマーさんなど、沢山の名だたる大先輩に、アメリカやイギリスなどでお会いし、いろいろお話をさせて頂く。
すると本当に面白いお話が聞ける。

って、言っときながら、業界の裏話ばかりで、ほとんどここには書けないから、皆んなには伝えれないんだけどね(笑)

まぁ、でも、せっかくだから、書けることを少し話すよ。

スタン・ハンセンさんが、昔アメリカでベルトのかかった試合している最中に、リングサイドの妊娠中のお客さんに突然陣痛が始まり、病院に行く時間もなく、まさかの試合中のリングサイドで、出産したことがあったらしい。

しかも、その試合では相手に負けてしまって、本人はとても悔しがっていたのだが、無事そのお客さんが出産したことから「会場内は大歓声に包まれた。なんとも複雑な気分の試合があったよ!」っと、笑いながら話してくれた。

その生まれた子供に「俺と同じ名前にしろ!」っと、言ったらお母さんから「負けた選手の名前はつけれない!」っと、却下されたらしい(笑)

そのあたりも「アメリカンだな~」って、感じするよね。

他にもトミー・ドリーマーさんの当時付き合っていた彼女が、トミー・ドリーマーさんが試合前に売店でグッズを売っている時に……

オッと~~!!
危ない、危ない!

ついつい流れで、みんなに話して俺がひどく怒られるところだった(汗)

キャリアを積んでこられた先輩レスラーのエピソードは、本当に面白い!!

まだまだあるが、他にももっと聞きたい方は会場で俺に聞いてくれ!
もしかしたら話してあげるかも…!

オッと~~♪
そろそろ餌の時間だ。
また満月の夜にでも。。。

村瀬広樹(UTAMARO)

フリーランスプロレスラー村瀬広樹(UTAMARO)。
「100%楽しいレスラー人生」をつかみ取るため「無期限」海外武者修行。あえてイバラの道を選択した「ジャパニーズ・ドリーム・ボーイ」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事