【ノア】杉浦がGHCタイトル前哨戦で清宮を締め落し完勝!杉浦「おい、ノアの未来!なに簡単に負けてんだ!みんなお前に期待してるんだぞ、もうちょっと頑張れよ!」

プロレスリング・ノアは7日、東京・後楽園ホールにて「Winter Navig.2018 開幕戦」を開催した。

メインイベントで、12.16横浜文化体育館で行われるGHCヘビー級選手権試合<王者>杉浦貴vs<挑戦者>清宮海斗とGHCジュニアヘビー級選手権試合<王者>鈴木鼓太郎vs<挑戦者>原田大輔が王者組、挑戦者組でW前哨戦として対戦した。

各選手がタイトルマッチに向けて激しい戦いを見せる展開の中。

清宮が杉浦と鼓太郎に攻め込まれ、ドロップキックやタイガースープレックスなどで反撃。


しかし、杉浦の激しいエルボー、二―リフト、オリンピック予選スラムからの回転式フロントネックロックでレフリーストップで惨敗した。

杉浦は倒れ込んだ清宮にをまたぎ、ベルトを掲げて仁王立ちを見せた。そして控室に戻る清宮にマイクを持ち「おい、ノアの未来!なに簡単に負けてんだ!おい、みんなお前に期待してるんだぞ。もうちょっと頑張れよ!」と厳しい言葉をかけた。

そしてファンに向けて「12月16日の横浜文体、ノアの未来か、18年間ノアを背負って戦ってきた男の違いを見せてやるからな。横浜文体、見に来いよ。今日はありがとう!」とタイトル防衛に向けて力強くコメントした。

タッグマッチ60分1本勝負
○杉浦 貴&鈴木鼓太郎
vs
●清宮海斗&原田大輔
20分41秒TKO勝ち 
※回転式フロントネックロック → レフェリーストップ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事