【REINA】1.27(日)新木場大会 CMLL世界女子選手権は王者・マルセラが本間多恵との3本勝負を制し防衛に成功

REINA新木場1stRING大会
日時:2019年1月27日18:00開始
会場:東京・新木場1st.RING
観衆:190人

①スパークリングファンタジー
シングルマッチ20分1本勝負
◯チェリー(9分19秒、地獄へようこそ)●沙恵

②覆面MANIA提供試合 タッグマッチ30分
◯レイ・ブカネロ&マッチョ★パンプ(16分3秒、アンクラ・ブカネラ)ツバサ&●政宗

③アクトレスガールズ提供試合 タッグマッチ30分1本勝負
◯有田ひめか&未依(8分9秒、片エビ固め)関口翔&●松井珠紗
※ボディプレス

④どっちが可愛いか決定戦!
シングルマッチ45分1本勝負
◯結奈(9分24秒、体固め)●花園桃花
※ダイビングヒップドロップ

⑤CMLL世界女子選手権試合 時間無制限3本勝負
◯マルセラ[王者](2-1)●本間多恵[挑戦者] ※王者マルセラが王座防衛

[一本目] ◯マルセラ(6分28秒、ロメロスペシャル)●本間多恵
[二本目] ◯本間多恵(8分48秒、120%スクールボーイ)●マルセラ
[三本目] ◯マルセラ(16分33秒、カベルナリア デ クルセッタ デマノ)●本間多恵

27日、REINA新木場大会にて、CMLL世界女子選手権、王者・マルセラ対挑戦者・本間多恵の一戦が行われた。まず、本間の入場時では、テーマ曲に合わせての「多恵」コールが大音量で響き渡り、ファンの期待感が伝わってくる。

立会人の下田美馬がスペイン語、日本語両方で選手権宣言を読み上げる。そしてベルトを手にしての両選手の記念撮影へ。ムーチャス入江リングアナの本間へのコールでは大多数の紙テープが宙を舞う。本間はそ胸を突き上げ、両腕を伸ばして目いっぱいに浴びた。

1本目、ロックアップから腕の取り合い、そしてグラウンドへ。緊張感の漂うリング上、本間はマルセラの関節技に決して屈せず、きっちり返していく。マルセラがテキサスクローバーホールドに決めると本間の表情が苦痛にゆがむ。さらにゴリースペシャルとつなぐ。その流れを本間はドロップキックの連打で脱出すると、コルバタから脇固めへ。しかしトップロープに上ったところをデッドリードライブに切り返され、マルセラがダブルニーで飛ぶ。このチャンスにマルセラはすかさずつり天井に決めると、身動きが取れなくなり、無念のギブアップ。まずは王者・マルセラが一本を先取した。

インターバルではJ@stの同志である清水ひかりが患部にスプレーを噴射し、ダメージの回復に努めた。二本目、マルセラはドロップキックでの猛攻。さらにダブルアームからのバックブリーカーの荒技を狙うが、これは空中で本間が両足をバタつかせて阻止。本間は体を入れ替えるとインディアンデスロック気味にグラウンドでマルセラの足をクロスさせる。

アンクルのような形で締め上げた本間だが、マルセラはロープに逃れる。すかさず低空のドロップキックでマルセラの動きを封じ込めた本間は、勢いよくそのまま特攻ホールドに固め、3カウントを奪取。1本を返した。これで1対1のイーブン。そして世界王者からの1本をモノにしたことで、ベルト獲りも見えてきた。

決勝の3本目、足に狙いを定めた本間はヒールホールドへ固める。さらに正面からヒザ攻撃。逆エビから片逆エビへ。しかしマルセラも本間をコーナーへ追い詰めるとヒールホールド、さらに回転して締め上げる。ここでスタンディングとなると、ついにマルセラのダブルアーム式のバックブリーカーが炸裂。本間にピンチが訪れるも辛うじてカウント2で返す。本間は飛びつき式腕ひしぎで流れを食い止めると、ミサイルキックを立て続けに決める。フォールに行くも、カウントは2で惜しくも世界王座奪取ならず。続けて脇固めにとらえた本間だが、マルセラはこれを切り返しセントーン。ここでトップロープからの二―ドロップを狙ったマルセラだが本間は剣山でカット。

すかさず丸めこむもカウントは2。マルセラは再び攻撃に移行すると、ブレンバスター式に持ち上げてのフェイスバスター。この流れから必殺のみちのくドライバー2を狙ったが本間は丸め込んでなんとか切り返す。間一髪、マルセラ最大の技は防御した本間だったが、手四つの体勢から回転してバックに回ったマルセラがそのままグラウンドに本間を捕え、カベルナリア・デ・クルセッタ・デマノへ。これで本間はついにギブアップ。世界王座に手が届くことはなかった。

試合後のリング上。下田美馬からマルセラのもとへCMLL世界女子王座が手渡される。

マルセラはベルトとトロフィーを受け取るとマイクを掴み、「いつも本当に心からありがとうございます」と日本語で挨拶。続いて本間がマイクを持つ。

「マルセラ、ベリーベリーベリーグラシアス。私はきょうのマルセラ戦で勝って自分がダブル所属しているJ@st、そしてAWGに新しいベルトを持って帰ろうと決意して臨みました。でも、やっぱりCMLLはすごいです。とてつもなくすごいし、マルセラ選手は本当に偉大な選手です。私はこのチャンスをいただけたことに本当に感謝しているし、自分の願いや願望、思っていることがかなう時って、必ずたくさんの方々の労力が後ろで働いていることを私は忘れずに、その気持ちも全部背負って、心の底から喜んでいきたいと思っています。なので、私は自分の目標にしている2019年、メキシコに行く、アレナメヒコに立つ。それは叶えていきたいです。これからもCMLL、REINAさん、J@st、アクトレスガールズをともどもよろしくおねがいします」

こう今の心情を包み隠さず述べると本間は深々と頭を下げ、リングを降りた。

控室コメント

本間「覚悟を持ってリングに立ってたんですけど、いざゴングが鳴って向き合ったら、それは自分のなかの世界でのキャパであって、本当にちっぽけなものだと思いましたね。自分がちっさい世界で悩んで気にしてちょっとダメっだったからって自分のことを否定したりしていたことが本当にくだらないというか、悩むほどでもなかったんだなと言うことが感じ取れたこの闘いでしたね。きつかったし痛かったけど、終わってみてすがすがしいというか…。もっと世界に触れたい、自分の存在とか、自分が大切にしている人を連れて行きたいなと思えた、そんなタイトル戦でした。

(3本のうち、1本取れましたが)特攻ホールドという丸め込みなんですけど、自分が特攻隊長と言うキャッチコピーをAWGで使わせていただいていて、自分の技には特攻と言う名前を付けさせていたいて大事にしているんです。その技で3カウント取れたことはうれしかったですね。でも自分はやっぱりジャベ、サブミッションや関節を磨いていきたいと思っているので、それでギブアップ取れずに逆にギブアップしてしまったことは悔しいですね。

(この一戦で、よりメキシコへの思いは?)はい、めちゃくちゃ増しましたね。もともときっかけはJ@stという団体を旗揚げしたことですけど、それからルチャの世界をもっと知るようになって、今回下田さんも調印式からずっときてくださって、メキシコの話も聞かせていただいて、今日も厳しく熱い、でも温かい言葉をかけていただいて。きょうマルセラ選手と戦ってますますメキシコへ行きたい、いや、行くって決めました。アレナメヒコに私は立ちます」

マルセラ「 きょうはとてもすごくうれしい。本間選手はとても若くてタレント性がある選手。戦えて競い合えて、勝てたことをうれしく思う。そしてそんなライバルと巡り合えたことに感謝したい。彼女はメキシコに来たらもっと学ぶことが多いと思うし、もし彼女がメキシコに来たら、私は彼女を助けたいと思います」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事