【編集長コラム】「なまはげパワーで岡林 大暴れ」

全日本プロレス伝統の世界タッグ王座をパートナー、関本大介とともに保持する岡林裕二。3・19後楽園ホール大会で、前王者・諏訪魔、石川修司組とのリターンマッチに臨むが、大日本プロレス「ストロングBJ」が誇る無類のパワーを見せつけている。

関本と共に岡林は2・24横浜大会で、ジェイク・リー、崔領二組を退け、V1を飾った。実は岡林には、どうしても負けられない理由があった。

「なまはげ」である。秋田の「なまはげ」は200年以上の歴史を有する、悪い子や怠け者を懲らしめる来訪神。2018年にはユネスコ無形文化遺産に登録されている。

2・24決戦の数日前、仲の良いW-1の征矢学らと、岡林は秋田料理店「なまはげ銀座」を訪れた。征矢は以前、井上亘氏と来店したことがあり、なまはげには慣れている。

初来店の岡林は、ここ最近、ファミレスのドリンクバーで、黒豆茶に出会えないことを「自分が悪い子だから」と、思い込んでおり「なまはげが来る! 怖い! 泣くかも!」と、戦々恐々だった。

なまはげ慣れしている征矢は、余裕の表情で「岡ちゃんのところに絶対やって来るよ」などと、恐怖をあおりまくっていた。

店内の明かりが暗くなり、不気味に太鼓が鳴り出す。なまはげの来襲だ。

「あ! なまはげが出て来た! うわッ、こっち来る~!」。岡林の額から冷や汗が流れる。

「悪い子はいね~が~!」と、ナタを振り上げ店内を歩き回るなまはげ。

「はい、はい! ここにいますよ!」と、岡林を指す征矢。

ドン! と足を鳴らして、席にやって来たなまはげ。

ところが・・・そのなまはげは、大のプロレスファンだった。

「あれ? 大日本の岡林さんでねえか? おお!W-1の征矢さんもいるんだな」

横に座り、プロレス談義に花が咲く。なまはげは昔からのファンで、マット事情にとても詳しかった。

いつもは日本酒が苦手という岡林も、なまはげの振る舞い酒に、杯を重ねる。すっかり打ち解けた様子で、和気あいあい。「もう怖くない!」と安心した様子の岡林。なまはげがプロレスファンで良かったね。

数日後の2・24横浜決戦に、なまはげが観戦に来た。もちろん、人間の格好だった。

友人と3人で岡林を応援に来たなまはげだったが、岡林は「なまはげが3人も来る」と、思っていたようだ。

「負けたら、なまはげが乱入するかも」というと、岡林は「ええッ! それは困る」と気を引き締めていた。

果たして、パワー全開で、見事にV1を飾った。

防衛した喜びと共に「これでなまはげに襲撃されずに済む」と、岡林は安堵の表情を浮かべていた。

なまはげは妖怪ではなく、神様。神様の振る舞い酒でエネルギーチャージした岡林は、いつもより大暴れしたようだ。

「また来るぞ」と、言い残し、闇にまぎれて去って行ったなまはげ。

今度はどこに現れるのか。岡林の大日本プロレスか、はたまた征矢を応援しに、W-1か。

みなさん、ご用心。会場で隣りに座った人が、人間の格好をした、なまはげかも。

柴田惣一 (プロレスTODAY編集長)

「プロレスTODAY編集長」であり「プロレス解説者」。
〝千のネクタイを持つ男”の異名もあり。
テレビ朝日「ワールドプロレスリング」、サムライTVでプロレス中継の解説。
今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事