【ZERO1】奉納プロレスに所属として初参戦の火野「リングがあればどこでも火野裕士を見せるだけ」

プロレスリングZERO1は23日、東京・靖国神社能楽堂前にて31日(13時開始)に行う『奉納プロレス 第16回大和神州 ちから祭り』の公開記者会見を行った。

奉納プロレスは力道山率いる日本プロレスが1961年4月23日に靖国神社例大祭のイベントとして1度開催しており、その後に2005年4月10日に当時のプロレスリングZERO1-MAX(現プロレスリングZERO1)が「大和神州ちから祭り」として復活させたもの。

会見にはZERO1の大谷晋二郎、高岩竜一、田中将斗、佐藤耕平、日高郁人、菅原拓也、SUGI、岩﨑永遠、北村彰基、そして新入団の火野裕士、そしてスーパー・タイガー、阿部史典、キング・キャッシュが出席。

試合について各選手がコメントした後に、質疑応答が行われた。

そこで当日は宮本と対戦する火野に、所属として初参戦ということで奉納プロレスはどんなイメージか?という質問に「縁起がいい(笑)なんですかね。特別な感じはしますよね。ここだけ、ZERO1だけですもんね、そういうのやってるのって。あんまりそういうの自分、考えないというか、そういうキャラじゃないというか。まあリングがあればどこでも火野裕士を見せるだけ」とこれまでと変わらず、火野スタイルを貫いていくと語った。

「奉納プロレス 第16回大和神州 ちから祭り」
日時:3月31日 (日) 試合開始13時00分(12時00分開場)
会場:靖国神社 相撲場

第7試合シングルマッチ 30分1本勝負
火野裕士VS宮本裕向

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事