【タカタイチマニア2】デスペラードvs葛西は狂乱バトルを展開!再試合も決着つかず!!

前回のタカタイチマニアで因縁が勃発したエル・デスペラードとクレイジーモンキー葛西。

タカタイチマニア2で文字通りの凶器を交えた狂乱バトルを展開した。

デスペラードは顔が半分オープンのマスクで登場。ギターに有刺鉄線テーブルを持ちゴング前に葛西に襲い掛かるも葛西にエプロンに落とされ竹串を頭に刺されてしまう。

狂乱の葛西にデスペラードも負けじとギター攻撃。トペ・コンヒーロに椅子攻撃と互いのプライドをかけた過激な応酬が続く。

激しい両者の攻防は場外でも続き20カウントが告げられ両者リングアウトとなる。

TAKA&タイチ興行
「タカタイチマニア2」

【開催日】 2019年5月7日(火)
【開場時間】17時30分
【会場】東京・後楽園ホール

▼トリプルメインイベント シングルマッチ 60分1本勝負
△エル・デスペラード
(6分55秒 両者リングアウト)
△葛西純

 

再試合が決定しさらに激しく殴り合い、ラリアットの応酬、エルボー合戦と激しい肉弾戦を展開。

葛西のパールハーバースプラッシュが決まるとリング下からカミソリボードと竹串ボードを取り出す両者。

葛西が設置したボードにデスペラードをリバース・タイガードライバーの体勢に捕まえるもデスペラードがリバース。葛西は自ら設置したカミソリボードの餌食となってしまう。

(写真:伊藤ミチタカ氏)

和田京平レフェリーの制止を振り切って凶器を使った攻防が続く。最後はボード同士をぶつけあうのを

京平レフェリーが危険と判断しノーコンテストで終了となった。

▼再試合 時間無制限1本勝負
エル・デスペラード
(7分13秒 ノーコンテスト・無効試合)
葛西純

狂気に満ちた試合となったがデスペラードは弟分のDOUKIがやられた分を葛西にやり返すベストバウトといっても過言ではない激しいファイトを展開した。

決着のつかなかった2人の因縁に続きはあるのか。次回のタカタイチマニアに期待したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事