【新日本】オスプレイが全勝で予選突破の鷹木との激戦を制し『BEST OF SUPER Jr.』2度目の優勝!「ワタシハ、ニホンニヒッコシマス」

5日、東京・両国国技館にて『BEST OF SUPER Jr. 26』優勝決定戦が行われた。

この日のメインイベントで、Aブロックを9戦全勝で勝ち上がった鷹木信悟と7勝2敗でBブロック1位のウィル・オスプレイが対戦。



オスプレイは刀を持って入場

試合は静かな立ち上がりから徐々にスピードアップしていく展開。

お互いに必殺技を切り返すなど息を飲む戦いが続いたが、トップロープからのオスカッターを見せるなどしたオスプレイが最後はストームブレーカーで鷹木を仕留め、30分を超す激戦に終止符をうった。

試合後にリングで「ワタシハ、ニホンニヒッコシマス」とイギリスから日本に引っ越すことを宣言した。

CHAOSのメンバーで乾杯!

ビールをかけられ、目に入ったと言いつつも喜ぶオスプレイ

プロレスTODAY公式LINE@
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事