【小橋建太プロデュース興行】6.10(月) 『Fortune Dream 6』前田日明氏との共通点はお互いにスタン・ハンセンにやられやすかった !

10日、小橋建太氏がプロデュースする『Fortune Dream 6』を東京・後楽園ホールにて開催した。

この日の第4試合にて~Fortune Dream 6 Special Talk Battle~が行われ、小橋氏は前田日明氏とトークにて対戦。

小橋氏は昨年8月に開催された高山善廣支援大会『TAKAYAMANIA EMPIRE』の会場にて31年プロレス界に居て初めて前田氏会ったそうで、それをきっかけに今回のトークバトルが実現した。

前田氏の入場曲がかかると会場は大前田コールが起こった。

小橋氏の「なんでオファーを受けてくれたのか?」の質問に「腎臓がんに侵されて、身体もげっそりして大変だろうなと思っていたら、全然身体も維持して大したもんだなと思った」と機会があれば話してみたかった事を明かした。

トークはプロレスの事だけでなく、小橋氏の子育てに苦労しているという悩みにアドバイスを送る場面もあった。

また、前田氏と対戦したとしたらどうですかという質問に対して「初めて見た時にデカいな、ジャンボ鶴田さんをイメージした」と語ると「今、人生最高の体重を維持してるんだよ(笑)」と会場の笑いを誘った。

そして天龍源一郎氏がスタン・ハンセン氏をKOした話になると、お互いにハンセンにはよくラリアットを喰らった、小橋氏はジャンボ(鶴田)さんを守って止めているのにやりやすい僕を捕まえてラリアットをしてきた、一方の前田氏は猪木さんを止めているのに俺にラリアットをしてきたと、ハンセンにやられやすかったという共通点が見つかり会場が盛り上がったところでトークバトルは終了した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事