【イベント情報】ザ・グレート・カブキ、タイガー戸口の共著『毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談』刊行記念イベントを8月18日(日)書泉グランデにて開催

昭和プロレスのレジェンド、ザ・グレート・カブキ、タイガー戸口の共著『毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談』が7月30日(火)に発売開始された。タイガー戸口の著書『虎の回顧録 昭和プロレス暗黒秘史』(徳間書店刊)には描ききれなかった、稀代のヒールレスラーたちによる日米マット界の闇を大暴露した1冊となっている。

毒虎シュート夜話の刊行を記念しての1日限りの限定イベントが開催される。

~イベント詳細~
【日時】 2019年8月18日(日) 12:30~(マスコミ受付開始)
【場所】書泉グランデ(神保町)7F 〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-3-2
【当日スケジュール】
開場時間:12:40~
トーク&サイン会:13:00~15:00(予定)
※当日の状況によって進行に変更が生じる場合があり。
※書泉グランデ( 東京都千代田区神田神保町1丁目3−2)にて予約受付中‼
お問い合わせは☎03-3295-0017まで
(営業時間10:00~21:00/土日・祝日10:00~20:00)

「お前は戸口じゃなくて大口だ!」カブキの毒霧に、たじろぐタイガー戸口——日米マット界の裏と表を生きた同世代の2人の「記憶」は、きれい事だけで作られた「記録」よりも濃厚な昭和プロレスの闇に染まっていた!

ザ・グレート・カブキとタイガー戸口、業界の“反逆児”2人が明かす知られざる昭和プロレスの秘録‼『虎の回顧録 昭和プロレス暗黒秘史』を超える、ヒールレスラーのレジェンドが語る、日米マット界の闇、あの名レスラーの知られざる素顔の数々。

――ザ・グレート・カブキ
「プロレスラーはバカじゃできない、利口じゃできない、中途半端じゃ、なおできないんだよ」

<著者:ザ・グレート・カブキ>
本名・米良明久。1948年9月8日、宮崎県延岡市出身。64年、日本プロレスに入門。同年10月31日、宮城・石巻市の山本小鉄戦でデビュー。『毒霧』と『カブキ』は社会的ブームを呼んだ。17年12月、後楽園ホールでの『KABUKI THE FINAL』(プロレスリング・ノア)で正式引退。現在は東京都文京区で『BIG Daddy 酒場 かぶき うぃず ふぁみりぃ』を経営している。

 

――タイガー戸口
「ベビーフェイスは立っていればいい。試合は全てヒールが作っているんだから、ヒールができなきゃアメリカでは稼げない」

<著者:タイガー戸口>
1948年、東京都葛飾区出身。韓国出身の力士・龍錦を父に持つ在日韓国人2世のプロレスラー。修徳高校入学から柔道を始め、卒業後に67年に日本プロレス入り。72年にシューズとタイツ、片道切符だけを手に渡米する。大型ヒール『キム・ドク』として才能を開花させる。現在まで、現役レスラーとして日米で活躍。

<商品情報>
書籍名/毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談
著者/ザ・グレート・カブキ、タイガー戸口 発売日/7月30日
定価/本体 1,800円+税 判型・仕様/四六判・272P 発売元/徳間書店
商品紹介ページ http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198647827

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事