【新日本】飯伏幸太がカミゴエ2連発でオカダ・カズチカを沈めG1 CLIMAX優勝決定戦進出!飯伏「僕はAブロック代表としてもう絶対に負けない、去年と同じ過ちは繰り返さない」

10日(土)、新日本プロレスは東京・日本武道館でG1 CLIMAX 29の日本武道館3連戦の初日を開催した。

メインイベントにて行われたG1 CLIMAX 29 Aブロック公式戦でオカダ・カズチカ(勝ち点14)と飯伏幸太(勝ち点12)が対戦。勝った方が優勝決定戦に進出となる一戦はお互いの持ち味を出し、さらには相手の技を切り返すなどの激戦の末に、飯伏がカミゴエ2連発でオカダから勝利。

「G1 CLIMAX 29」Aブロック公式戦
オカダ・カズチカ(7勝2敗=14点)
vs
飯伏 幸太(7勝2敗=14点)
25分07秒  カミゴェ→片エビ固め
※飯伏幸太が優勝決定戦進出

飯伏試合後のマイク
「まず初めに言いたいのは、皆さんにありがとう。そして、僕と同じAブロックで戦ってくれた人、みんな本当にありがとうございます。僕はAブロック代表として、もう絶対に負けない、去年と同じ過ちは繰り返さない。最後まで諦めないから、約束します。それでは、また明日」とコメントした。

昨年、準優勝のかりを返すべく悲願の初優勝へ向け、12日の優勝決定戦に挑むことになる。

バックステージでのコメント
飯伏「これで、僕の決勝進出が決まりました。最後までどの試合も諦めなかった。その結果、決勝まで行けたんだと思います。でも、マイクでも言ったとおり、同じことは繰り返さない。去年、僕は準優勝だったんで、もう、最低でも準優勝でしょう。ただ準優勝でいいかと言ったら違いますよ。僕は諦めてない。去年から言ってたから、ずっと諦めないって。だから絶対に、8月12日は、自分の、飯伏幸太の日にしてみせます。必ず、必ず、受け取ったものも全て返せるように、僕は頑張ります。あとは、諦めないことだけ。もう2大会あとちょっと。諦めないから。全部全力で。最後まで全力で。諦めないから。誰が来ても、諦めないから」

──オカダ選手の戦いはいかがでしたか

飯伏「僕じゃ考えられないですよ。僕の記憶だと、オカダさん、同期ですよね?2004年デビューですよね?違いますか?僕は、これからもオカダさんと戦っていきたい、強すぎる。まだまだ、100分の1じゃないですかオカダさんは。僕は100%出したけど、まだ出し切ってないんじゃないですか。お互いにまだまだ続きを見せましょう。これは完全に自分のストーリーでもある」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事