【W-1】『WRESTLE-1 TAG LEAGUE 2019』出場チームインタビュー①吉岡世起&エル・リンダマン「こんなに小さい僕たちを応援しないのは人としてどうなんですか?」

10月23日(水)の後楽園ホール大会より開幕する『WRESTLE-1 TAG LEAGUE 2019』。#STRONGHEARTSからBブロックにエントリーされたのは、吉岡世起&エル・リンダマンのクルーザーのタッグだ。体格的に不利な状況は否めないが、持ち前の頭脳をフル回転させてリーグ戦制覇を狙っている。

──リンダマン選手の9.23後楽園大会での宣言通り、『W-1 TAG LEAGUE 2019』にお二人のタッグがエントリーされました。まず、タッグを組もうと思った理由を教えてください。

リンダマン 僕から言い出したんですけど、吉岡さんとのタッグはまだ組んでなかったので目新しさと魅力があるなと思ったんですよ。それとお互いに中野ゴールドジム出身として、小沼敏雄イズム最後の継承者としてやっていますから。小沼イズムのタッグを見せていきたいですね。

──吉岡選手も中野ゴールドジムの出身だったんですか?

吉岡 え、まあ、はい(笑)。よく行ってますよ。

リンダマン 栗栖ジム、アニマル浜口ジム、中野ゴールドジムというのがプロレス界三大ジムの一つですよ!

──それは知りませんでした(笑)。

リンダマン プロテインバーでは鈴木スペシャルより小沼スペシャルだという気持ちです。

──それはなんですか?

リンダマン 吉岡さんはわかりますよね?

吉岡 僕は小沼さんがよくわかってない(笑)。どなたですか?

リンダマン 小沼敏雄さんっていうのは中野ゴールドジムの重鎮ですよ。日本のボディビル大会で13連覇したという方です。

──凄い方なんですね。

リンダマン めちゃくちゃ有名です!

吉岡 そういうプロレスの技があるのかと思った(笑)。失礼しました。

リンダマン いやいや、プロテインバーでグルタミンが入るとかバナナが入るとか、スペシャルパックとして鈴木スペシャルとか小沼スペシャルっていうのがあるんですよ。僕は鈴木スペシャルより小沼スペシャル派だっていうことです。

吉岡 なるほど! 今理解しました(笑)。

──大丈夫ですか、意思の疎通は?(笑)。

吉岡 徐々に図っていきます(笑)。

──吉岡選手が#STRONGHEARTSに入ってもうすぐ1年ですけど、このチームの強みはなんですか?

吉岡 曲者タッグですね。会見で他のBブロックのチームを見ましたけど、僕らが圧倒的に身体が小さいですよ。でも、各チームに一人ずつ頭の弱い奴がいるんですよ。誰とは言わないですけどね(笑)。

リンダマン うまいこと言いますね! 僕たちだったら僕ですね……って、こら!

吉岡 僕らはそれがないので、各チームのそいつを狙っていけば全然行けるんじゃないかなと思います。

──頭脳派のタッグだということですね。

リンダマン 身体が小さいし、キャリア的にもそんなにあるわけじゃないから勝ち星配給係だとファンの人は思っちゃうかもしれないですけど、いざ会場に来てみればわかりますよ。あの大きい人たちと対峙した僕ら二人っていうのは圧倒的に小さい。だから確実に応援されるんですよ。つまり、相手は2vsその会場のキャパ、例えば2vs402みたいな闘いになる。他のチームは僕たちだけじゃなく、お客さんを含めた#STRONGHEARTSのタッグが相手だということですね。これはもう勝負は見えてます。

──会場のお客さんを味方につける自信はあると。

リンダマン 逆に問いたいですけど、こんなに小さい僕たちを応援しないのは人としてどうなんですか?

──なるほど(笑)。つまり、同情しろと。

リンダマン そういうことです。

──では、お二人がエントリーされたBブロックのチームについてですけど、他には近藤&征矢、羆嵐&レネ、稲葉&土肥の3チームがあります。この中で特に警戒するチームはありますか?

リンダマン 土肥孝司ですね。

──土肥選手、個人ですか。

リンダマン はい。あのバスローブみたいなガウンが気に入らないですね。試合始まる前から風呂上がりみたいな格好で出てきやがって。あのバスローブで丸め込んでやりますよ。もう結んで発送しちゃう、海外へ。

──脱ぐ前に終わらせてやると。

リンダマン そうそう。脱ぐ前に結んでクロネコヤマトで発送します。

──なるほど。稲葉&土肥組とは初戦の10.26本庄大会で当たりますね。無差別級のチャンピオンの稲葉選手もいるチームですが、いかがですか?

リンダマン ここ1年ぐらいしか見てないですけど、稲葉のチャンピオン像は芦野とかT-Hawkのように強さの象徴じゃないような感じがしますよね。みんなの応援を力に変えてなんとか耐えて、最後に相手を打ち砕くみたいな感じですか。そこに怖さはないですよ。逆についてこれんのかって、僕たちのスピードに。基本的にスローに見えてます。

吉岡 遅れて見えますからね。しかも、稲葉&土肥のタッグの関係性も見えてないですし、何もないですね。

──わかりました。2戦目は11.3仙台大会での羆嵐&レネ組ですね。

リンダマン レネ・デュプリですよね。僕がファン時代から活躍してきている選手なので、お手上げです。

吉岡 お手上げですか?(笑)。でも、羆嵐なんて動きがスロー中のスローなんですよ。だから、レネ・デュプリを出さずに終わらせる。

リンダマン まあ宮城はホヤの塩辛が名物なんですけど、外国人には絶対に合わない味だと思うんですよ。

──ホヤは癖が強いですからね(笑)。

リンダマン だから、ホヤの塩辛をレネ・デュプリに前日ぐらいに食べさせておいて、腹下しにさせてハンディキャップマッチのようにしてもいいかもしれないですね。

吉岡 宮城はホヤ作戦で行きましょう。

 

⇒次ページ(11.11新木場大会での近藤&征矢組戦など)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2