【ZERO1】力道山奉納プロレス、唯一の経験者であるアントニオ猪木氏が10.26靖国神社・奉納プロレスに来場決定!

創立150年を迎える、英霊の御霊が眠る靖国神社。

その靖国神社・奉納プロレスを行っているZERO1が、10/26大会に、アントニオ猪木氏が来場することを発表した。

アントニオ猪木氏 コメント

「元気ですかーーー!元気があればなんでもできる!元気があれば靖国神社のリングにも立てる!

と、言うことで、私、アントニオ猪木は59年前、『猪木完至』の名前で、デビューして、まだ半年の若手時代に、この靖国神社・奉納プロレスのリングに立ちました。

今年、靖國神社は150年を迎えられたという事で、誠におめでとうございます。

英霊の皆様が眠る、靖国神社での奉納プロレス。我が師、力道山先生から続く、この奉納プロレス。

このリングに、再び、しっかりと立たせて頂きます。」

靖国神社といえば、1910年、日本で初めて『プロレス』が行われた場所。

そして、1961年に、力道山率いる日本プロレスが、一日のみ奉納プロレスを行い、44年後の2005年に、ZERO1がパンドラの箱を開いた。

その後は現代プロレス史に記されているとおり、17回目を迎える。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事