【新日本】‟遺恨マッチ”に勝利の鈴木がライガーに敬意の座礼!ライガー「鈴木、ありがとな!」

14日、新日本プロレスは東京・両国国技館にて『KING OF PRO-WRESTLING』を開催した。

遺恨が渦巻く獣神サンダー・ライガーと鈴木みのるの注目のシングルマッチが行われた。

7日の後楽園大会の試合後に鈴木が「山田!お前のレスラー人生それでいいのか!」と挑発。これに対して「両国での試合は試合じゃねえぞ、殺し合いだ!」と怒り心頭のライガー。

まずは鈴木から入場するといつもにも増して険しい表情。続くライガーがバトルライガー仕様で入場。途中マントを脱ぐと、鍛えられた見事な肉体に会場からどよめきが起こった。

試合はグランドの攻防や場外戦など激しい展開となったが、最後は鈴木がゴッチ式パイルドライバーでライガーからカウント3を奪った。

試合後、鈴木はリング下からイスを取り出すと倒れこむライガーに振り下ろす仕草を見せるも、イスを投げ捨ててリングで敬意の座礼。

会場からも声援が送られる中で鈴木はバックステージへ。

起き上がったライガーはマイクで「鈴木、ありがとな!」とコメントすると大歓声が上がった。

バックステージでのコメント

鈴木「獣神サンダー・ライガーよ。オマエが俺に勝てるわけねえじゃんかよ。もう限界ですって言って辞めていくヤツが先頭走ってるヤツに。おまえが何をもってしたって勝てるわけないじゃないか。俺は、俺とアイツの17年、いやいや、32年、32年の、男のケジメよ」

ライガー「今日は負けた。まだまだシングル組めや!ただ、最後のコメント、ここまで俺をブチ切れさせたのは、近年まれに見るアイツぐらいじゃないかここ何年かで。ここまで俺の怒り、頂点にブチ切れさせたのは。そのことに対して『ありがとう』だ。他に何の他意もない。今日は負けた、負けたよ。次、(シングル)組め。 すぐに組め。どこでもいい、組め。俺は諦めん。1.4まであと約3ヵ月ある。諦めない、諦めない。ただ今日は、『ありがとう』だ。残り3ヵ月、怒りMAX、頂点でリングに上がるよ。そういう気持ちにさせてくれて『ありがとう』。次やった時は、ただじゃおかねぇぞ。なめんなよ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事