【ノア】清宮海斗が頚椎捻挫で1週間の安静により27日イベントを欠場

23日、プロレスリング・ノアは22日の浜松大会でレフリーストップとなったGHCヘビー級王者の清宮海斗の病状について公式ホームページにて発表した。

以下、公式ホームページより

「昨日10月22日・アクトシティ浜松大会 メインイベントにおきまして、負傷によるレフェリーストップとなりました清宮海斗選手の病状に関してのご報告をさせていただきます。

病院での診断の結果、頚椎捻挫による一週間の安静となります。

現在、手足に痺れや麻痺などの症状は無く、意識もしっかりとしております。

当初、出場予定でおりました10月27日のイベントは欠場となります。

11月2日・両国国技館大会には出場いたします。

皆様に於かれましてはご迷惑、ご心配をお掛けすることをお詫び申し上げますと共にご理解賜りたくお願い申し上げます。」

現在、11.2両国大会にてタイトル戦の拳王との舌戦を繰り広げているだけに、決戦までに回復するのかが気になるところである。

NOAH the BEST 2019~美学のある闘い~
11.2(土)両国国技館

GHCヘビー級選手権試合
<王者>清宮海斗
vs
<挑戦者>拳王

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事