【WWE】チーム・ホーガンがPPV前哨戦でチーム・フレアーに勝利

スマックダウン・オープニングがミズTVでスタートすると、PPV「クラウン・ジュエル」で激突するチーム・フレアーとチーム・ホーガンがゲスト出演した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEレジェンドのリック・フレアーとハルク・ホーガンが口火を切って舌戦を展開すると、中邑真輔と共に登場したサミ・ゼインがショーティGを侮辱してさらなる口論に発展。

さらにホーガンの提案でPPVの前哨戦として3対3の6人タッグ戦がメイン戦で行なわれることが決定した。

メイン戦ではチーム・フレアーから中邑、キング・コービン、緊急参戦のセザーロ、チーム・ホーガンからはローマン・レインズ、ショーティG、アリが出場。

ゴング直後にいきなりチーム・フレアーが襲い掛かって先制すると、中邑はショーティGとの関節技の取り合いを披露すると、アリにはスピンキックやニー・ドロップを放って攻め込んだ。

しかし、試合終盤にはレインズがスーパーマンパンチからスピアーをセザーロに叩き込むと、最後はアリが450°スプラッシュをセザーロに叩き込んで3カウント。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

PPV前哨戦はチーム・ホーガンが勝利を掴んだ。

チーム・フレアー対チーム・ホーガンの5対5タッグ戦が行なわれるPPV「クラウン・ジュエル」は日本時間10月31日深夜にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事