【WWE】9年越しリベンジ!レスナーがヴェラスケス相手にキムラロックで王座防衛

現地時間10月31日にサウジアラビア・リヤドのキング・ファハド国際スタジアムにてPPV「クラウン・ジュエル」が開催された。

◆9年越しリベンジ!レスナーがヴェラスケス相手にキムラロックで王座防衛

PPV「クラウン・ジュエル」のオープニング戦として “ザ・ビースト”こと王者ブロック・レスナーと元UFCヘビー級王者ケイン・ヴェラスケスがWWE王座をかけて激突した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

9年ぶりとなる因縁の再戦でヴェラスケスは蹴りを中心とした打撃で攻め込めば、レスナーはタックルでヴェラスケスの懐に入り込んでコーナーに追いこんだ。

しかし、ヴェラスケスが強烈なヒザからハイキックを決めてレスナーをダウンさせるとチャンスとばかりにパウンドで攻め込んだが、逆にレスナーはヴェラスケスの腕を取って得意の寝技に引き込むとそのままキムラロックで仕留めてタップ勝ち。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王座防衛と9年越しのリベンジを果たしたレスナーだったが、試合後もヴェラスケスへの攻撃を続けると、負傷したセコンドのレイ・ミステリオがパイプ椅子でレスナーを襲撃。

しかし、レスナーはミステリオを蹴散らし、ヴェラスケスにパイプ椅子攻撃連打からのF5で止めを刺したが、ミステリオが息子を襲われた恨を晴らすべく再びパイプ椅子で攻撃してレスナーをリングから追い出した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事