【ザ・デストロイヤー・メモリアルナイト】注目の因縁対決は諏訪魔がケアを仕留めるも、鈴木みのるとの9年ぶりの激突は大荒れ!「鈴木みのる以上に殴りたいのは武藤敬司しかいねー」とW-1年末大阪大会へ出場が決定!!

【ザ・デストロイヤー メモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に~】
15日、東京・大田区総合体育館
観衆2,500人

15日、東京・大田区総合体育館で「ザ・デストロイヤー・メモリアルナイト」が行われた。ザ・デストロイヤーさん(本名リチャード・ベイヤー=享年88)に縁する各団体、レスラーが一堂に期し夢の様なカードで各々がデストロイヤーの名の基に集い戦った。

セミで行われた9年越しの因縁の対決に注目が集まった。

試合直後から不穏な空気が流れ諏訪魔とみのるは互いのパートナーが試合中も場外乱闘を展開。

試合は諏訪魔がケアを仕留めるも鈴木みのるとの9年ぶりの因縁対決は大荒れ!

試合後、バックステージでも両者ともに激高状態で、鈴木みのるはインタビューするアナウンサーに激しく絡み「ムカつくんだよ!」と凄む。

諏訪魔はみのるに対し「出てこいよ。デカイゆりかごに入ってんじゃねえ」と挑発し落ち着いたところに近藤が諏訪魔に12・31のW-1大会に参戦オファー。「鈴木みのる以上に殴りたいのはお前、武藤敬司しかいねーよ。やらしてくれんのかい?決めろよ今、オッケーって言えよ」と詰め寄ると「副社長としてオッケーにしとく、なにかしらの絡みがある」(諏訪魔)と返答。

諏訪魔と武藤の年末対決が決定的となった。

 

7.60分1本勝負
○諏訪魔&近藤修司

(15分18秒、バックドロップホールド)

鈴木みのる&太陽ケア×

(連続写真でご覧下さい)

  

 

⇒次ページより試合開始

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2