【WWE】レスナー、ミステリオ親子のローブローに悶絶も王座防衛に成功!

現地時間11月24日にイリノイ州シカゴのオールステート・アリーナにてPPV「サバイバー・シリーズ」が開催された。

◆レスナー、ミステリオ親子のローブローに悶絶も王座防衛に成功!

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

“野獣”ブロック・レスナーとレイ・ミステリオがWWE王座をかけたノーホールズバード&ノーDQ戦で激突した。

息子ドミニクの報復を誓うミステリオはゴングと同時に鉄製パイプを取り出すも、レスナーのクローズライン3発でダウン。

その後も体格差があるレスナーはベリー・トゥ・ベリーでミステリオを解説席に投げつけるとジャーマン・スープレックス3発を繰り出して圧倒。

レスナーの一方的な攻撃に息子のドミニクが現れると白いタオルを持って攻撃中止を懇願。

しかし、レスナーがこれを拒否してドミニクに襲い掛かると、ミステリオがレスナーの背後からローブロー攻撃を放った。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

さらにドミニクも悶絶するレスナーにローブローを放つと形勢逆転。

ミステリオとドミニクは凶器攻撃からのダブル619を放つと、フロッグスプラッシュを立て続けに決めてレスナーを追い詰めるもカウント2。

最後はレスナーがドミニクを捕まえてジャーマン・スープレックスで投げ飛ばすとミステリオをF5で沈めて3カウント。

レスナーがミステリオ親子相手に王座防衛に成功した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事