【DDT】Ⅾ王GP2020開幕に向け、各選手が意気込み&気になる選手についてコメント<11.26会見>

DDTプロレスリングは26日、東京・神田明神にて11.29横浜ラジアントホール大会から開幕する「D王 GRAND PRIX 2020」に関する会見を行った。

会見にはAブロックの竹下幸之介、遠藤哲哉、石井慧介、上野勇希、飯野雄貴、クリス・ブルックス。BブロックはHARASHIMA、佐々木大輔、高尾蒼馬、坂口征夫、吉村直巳、田中将斗が出席。各選手が意気込みを語った。欠席の橋本千紘とブル・ジェームスがコメントは今林APが代読。

Aブロック選手のコメント

橋本「D王GP出場に出場するからには優勝します。男女関係なく戦う。プロレスの魅力をたくさんの方に伝えます。そして最近、飯野選手に顔が似ているとたくさんの方に言われます、屈辱です。この屈辱は絶対に晴らしたいと思います」

竹下「去年のD王GP2019優勝してますので2連覇。これを目標にやっていきたいのと、橋本選手も上がられますし、Bブロックには田中将斗選手もいらっしゃいますし、クリスもいる、ブル・ジェームスもいるという男女・国籍・団体問わず最強のレスラーが集まっていると思うので、世界トップクラスの面白いリーグ戦をした上で、竹下の試合が一番面白いなと言われるように頑張りたいと思います」

遠藤「このリーグ戦、俺のノルマは全勝での優勝です。というのも俺がいるAブロックはBブロックに比べて明らかに数合わせな人間が1人もしくは2人混ざっている。そんな中で優勝は面白くないんで、俺は全勝優勝します。名前は言わないけど数合わせと言われて自分だと思った人間は結果残せないのはしょうがないけど、印象を残せるように頑張ればいいんじゃないかな」

石井「ガンバレ☆プロレスに移籍したこの1年が何だったのか。そしてガンバレ☆プロレスに移籍してよかったと思えるリーグ戦にします。Aブロックはやりがいがあるので、武器を磨いて臨みたいと思います」

上野勇希 「このリーグ戦は自分でも選ばれたのは疑問ではありますけど、嬉しい部分の方が大きいです。遠藤さんはたぶん僕のことを言っていると思うので、1戦1戦、全員同じように思いを込めて戦っていこうと思ったんですけど、遠藤さんには絶対勝ちたいと思います」

飯野「日曜日(24日)、KO-D無差別のベルトに挑戦して負けちゃいましたけど、勢いは残っていると思うのでD王も勢いこのまま頑張っていこうと思います。橋本さんが自分に顔が似ていて屈辱だと言ってますが、自分はドラマ出ているので屈辱って言わないでください。自分、イケメンなんで」

クリス「D王GPに出れて、そしてこのブロックに入れてもらってとても光栄です。過去に対戦した強敵やまだ対戦したこともない強敵とも当たれる。僕はフリーランスだけどこの1年でDDTがホームだと感じるようになっている。とても素晴らしい1年を過ごさせてもらって、このような形でD王GPで勝つことで締めくくることができるというのはとても喜ばしく思っている」

同じブロックで意識する選手とBブロックの気になる選手は?

竹下「初シングルは橋本選手ぐらいで、あとは本当によく戦う選手たちで僕も相手の選手のことをよく知っているし、向こうも僕のことを知っているという戦いの中で、新しいひらめきとか新しい何かを出したほうが勝つんじゃないか、想像を越えたほうが勝つんじゃないかと思ってるんで。そういう戦いにしたいと思います。お客さんの見たいカードがいいのかなと思うので、そこに竹下幸之介 対 誰かというのがお客さんの中に浮かんでいたら僕は嬉しいです」

遠藤「興味があるのは橋本選手。というのも俺が実家に帰ると父親がすげえ橋本選手を推してて。いつも橋本選手を褒める。あの脚はジムで作ったんじゃなくて、道場で作ったんだというのを毎回帰るたびに言われるので。俺も道場で練習しているけど、脚はジムで鍛えているので、どっちが上かをここで証明できると思います。俺が決勝で当たりたいのはズバリ、ブル・ジェームスです。彼が以前いた団体の映像をひじょうによく見ていたので。勝ち方はわかっています」

石井「1位・橋本、2位・竹下です。そして自分が一番気になったのはクリス・ブルックスのよだれを耳に入れるのは反則じゃないのかなって。ヨダレを耳に入れるというのは冬にやるものじゃないし、やめて欲しい。面白くない答えですけど、まずはリーグ戦を乗り越えることなんですけど、決勝で当たりたい相手、1位・田中さん、2位・坂口さん」

上野「それぞれの選手全員に強いこだわりと気持ちがあるんですけど、この会見で遠藤さんを強く意識してます。このAブロックを生き抜いて戦い抜くことだけを見てまして、Bブロックまでは全く意識がいってないです。このAブロックを頑張ります」

飯野「自分は橋本さんとシングルやって負けたりとかありますけど、他の選手とは初シングルになるので楽しみではあるんですけど、とりあえず全力でぶつかっていこうと思います。HARASHIMAさんにリベンジしたいです。」

クリス「個人的には橋本。里村の門下生に負けるわけにはいかない。プロレスラーとしては今までのDDTで一番の強敵だった竹下を倒さないと、このリーグ戦を勝ち残ることはできないと思う。決勝でできれば、ぜひ田中さんか坂口さんと当たりたい」

Bブロック選手のコメント

ブル「前回DDTに参戦した際に、俺が世界最高のレスラー達と互角に戦えることは証明したはずだ。今回は、俺がそいつらを全員倒してD王GPに優勝できるということを証明する」

HARASHIMA「僕は今KO-D無差別級とEXTREMEの2冠チャンピオンなので、僕がやるべきことはここで勝って最強を証明することだと思います。頑張ります。」

佐々木「意気込みを語るほど、意気込んでません。まあそれなりのメンバーとの試合ということで、1つだけどうしても許せないことがありまして、ブル・ジェームス。ブル・ジェームスは私がニューヨークにいった時に、佐々木、ニューヨークには最高のストリップがあるぜって言って、連れていってくれると言っていたのに、結局、連れていってくれなかった。その恨み、このリーグ戦でアイツと当たる時すべてぶつける。あの時、俺をストリップに連れていかなかったことを後悔させて、そしてニューヨークへの旅費を出させて、ストリップのリベンジ。」

高尾「今回のリーグ戦、田中将斗選手が出るということで。プロレス業界きってのエルボーの使い手だと皆さん思ってるだろうし、正直私も思っているので。でも、このDDTでエルボーを武器にしている選手でも自分はあるので、それが強さとして出せるように証明したいと思います。あとはカリスマとは今パートナーですが、試合する場面はあまりないので、それも非常に楽しみです」

坂口「去年出れなくて、なんで今年選ばれたのか、ちょっと色々と思うところはありますけど、まあそれは全部終わったあと結果出れば、ああそうかなと。やるからには全員やります」

吉村「D王GP初めて出ることになって、このBブロックのメンツを見てもわかる通り実力者ばっかりなので。この中で唯一実績がないのが自分なので、このD王GPで1発デカいことしてやろうかなと思います」

田中「このメンバーだとシングルでやるのは全員初めてになると思うので、怖さと楽しみと両方持ってるんですけど、火祭り(ZERO1のリーグ戦)最多優勝者として、そのプライドを持って必ず勝ち上がって、決勝で優勝してDDTの後楽園のメインで僕が手を挙げたいと思います」

同じブロックで意識する選手とBブロックの気になる選手は?

田中「全員初対決なので気をつけなきゃいけない部分はあるんですけど、坂口選手とはこの間タッグで対戦しまして、僕に持ってない関節技というか1発決めればこれで終わるという、僕にないものを持っていると思うので、そこはそこで気をつけたいなと思うし。決勝でも誰が上がってきてもかまへんけど、遠藤、竹下という名前は凄く他団体なりに僕の耳に届いてくるので、そこはという部分はあります」

吉村「KO-Dタッグチャンピオンの佐々木、高尾は絶対倒さなあかん相手だと思うし。田中選手、坂口さんはやるのがすごい楽しみで。ただ今回のブロックで僕が一番勝ちたいのはHARASHIMAさんなので。僕がこのD王でHARASHIMAさんに直接勝つことができたら、自分としてもDISASTER BOXとしてももっと上にいけると思ってるんで。そこはガッチリいかせてもらいます。正直自分のブロックのことしか考えてなかったんでAブロックは大丈夫です」

坂口「全員意識してます。その中で強いて言えば現チャンピオンとやれるのは1番要なところかなとは自分の中で思ってるので。Aブロックに関してはさっきなんか聞こえてきたから、向こうで人の名前呼んだクリスさん、石井さん、そのへんとやりたいなと思ってます」

高尾「さっき言った2人であって、逆ブロックは哲也と言いたいですけど、個人的にまたシングルやりたいのは石井慧介だと思ってます」

佐々木「ブル・ジェームス!と言いたいところですが、やっぱり本人を目の当たりにしたら、初戦の田中将斗は一番気になります」

HARASHIMA「同じブロックではみんなと対戦するのが楽しみで意識してますね。でも、その中でも僕は田中将斗選手のことは凄い選手だと思って、実は意識しているのが凄くあって。そこは非常に、非常に、他以上に意識してます。Aブロックも勝ち上がってくるのは一番強い人だろうし、誰が来てもですね。まずBブロックをしっかりやってから考えたいと思います」

――田中選手、DDTにはどんな印象をお持ちですか?

田中「単発、単発で何度か出させてもらったことがあるんですけど、こういうこと(長期の出場)は初なので。やっぱりDDTの印象というのは、凄く若い人が頑張ってるというのがあるんで。僕が出るにあたり、オファーを受けて出場が決まったというのは、若い選手の力は届いてきてるし、このメンバー見ても僕が1番年配者だと思うので。若い人たちが頑張っている団体、その人たちとやりたいというのがあったので、自分のチャレンジでもあるんで、出場を決めました」

【公式リーグ戦スケジュール】

▼11月29日(金)横浜ラジアントホール

開場18:00 開始18:30

<Aブロック公式リーグ戦>

竹下幸之介 vs 飯野雄貴
石井慧介 vs 上野勇希
クリス・ブルックス vs 橋本千紘

<Bブロック公式リーグ戦>

HARASHIMA vs 坂口征夫
高尾蒼馬 vs 田中将斗
吉村直巳 vs ブル・ジェームス

▼11月30日(土)横浜ラジアントホール

開場17:00 開始17:30

<Aブロック公式リーグ戦>

竹下幸之介 vs 石井慧介
遠藤哲哉 vs クリス・ブルックス
上野勇希 vs 橋本千紘

<Bブロック公式リーグ戦>

佐々木大輔 vs 田中将斗
高尾蒼馬 vs ブル・ジェームス
坂口征夫 vs 吉村直巳

▼12月1日(日) 千葉・君津市民体育館

開場18:30 開始19:00

<Aブロック公式リーグ戦>

遠藤哲哉 vs 飯野雄貴

<Bブロック公式リーグ戦>

佐々木大輔 vs 坂口征夫
ブル・ジェームス vs 田中将斗

▼12月5日(木)東京・板橋グリーンホール

開場19:00 開始19:30
<Aブロック公式リーグ戦>

遠藤哲哉 vs 上野勇希
飯野雄貴 vs クリス・ブルックス

<Bブロック公式リーグ戦>

HARASHIMA vs 佐々木大輔
坂口征夫 vs 田中将斗

▼12月8日(日) 大阪・大阪市すみのえ舞昆ホール

開場17:00 開始17:30

<Aブロック公式リーグ戦>

竹下幸之介 vs 上野勇希
遠藤哲哉 vs 橋本千紘
石井慧介 vs 飯野雄貴

<Bブロック公式リーグ戦>

HARASHIMA vs 吉村直巳
佐々木大輔 vs 高尾蒼馬
坂口征夫 vs ブル・ジェームス

▼12月9日(月) 福岡・西鉄ホール

開場18:30 開始19:00

<Aブロック公式リーグ戦>

竹下幸之介 vs 遠藤哲哉
石井慧介 vs 橋本千紘
上野勇希 vs クリス・ブルックス

<Bブロック公式リーグ戦>

HARASHIMA vs 高尾蒼馬
佐々木大輔 vs ブル・ジェームス
吉村直巳 vs 田中将斗

▼12月10日(火)広島・広島アステールプラザ

開場18:00 開始18:30

<Aブロック公式リーグ戦>

竹下幸之介 vs 橋本千紘
石井慧介 vs クリス・ブルックス
上野勇希 vs 飯野雄貴

<Bブロック公式リーグ戦>

HARASHIMA vs ブル・ジェームス
高尾蒼馬 vs 吉村直巳

▼12月14日(土) 東京・ベルエポック美容専門学校第2校舎ホール

開場15:30 開始16:00

<Aブロック公式リーグ戦>

竹下幸之介 vs クリス・ブルックス
遠藤哲哉 vs 石井慧介
飯野雄貴 vs 橋本千紘

▼12月15日(日)東京・ベルエポック美容専門学校第2校舎ホール

開場13:30 開始14:00

<Bブロック公式リーグ戦>

HARASHIMA vs 田中将斗
佐々木大輔 vs 吉村直巳
高尾蒼馬 vs 坂口征夫

▼12月28日(土) 東京・後楽園ホール

開場17:30 開始18:30

<D王 GRAND PRIX 2019優勝決定戦>

Aブロック1位 vs Bブロック1位

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事