【覆面MANIA】11.27(水)新木場『覆面MANIA45』<全試合結果>

覆面MANIA45
日時:11月27日 開始19:00
会場:新木場1stRING

女子タッグマッチ 15分1本勝負
真琴&本間多恵(時間切れ引き分け)沙紀&茉莉


女子レギュラー陣4選手による戦いは本間がトップロープからのプランチャを見せ、4月に行ったメキシコ遠征の成果を見せる。
残り1分で真琴と茉莉が互いに勝負を賭けるも15分ドローに。

タッグマッチ 30分1本勝負
〇山本裕次郎&焙煎たがい。(ジャックナイフ固め)MIKAMI&新納刃●
※ミッキーブーメランの誤爆から。

誤爆からの勝利とはいえ、マスクドスクワットからの3カウントに裕次郎は「勝ったから言わせてもらう。KATUMURAの持ってる(覆面MANIAスーパーライト)ベルトに挑戦させろ」とアピール。リーダーの
MIKAMIは「オマエ実績が足りねえよ、もっと大物食ってから来いよ」と突き放した。

タッグマッチ 45分1本勝負
トニー・テハノ&〇パンテーラ・ブランカ Jr
(片エビ固め)ヘメロ・パンテーラ1号&2号●
※バッククラッカーから。


外国人4選手による対決はパンテーラスがトペコン、ブランカがケブラーダ、トニーがトペを2連発見せるなど、ルチャの魅力が爆発。最後はブランカがボディアタックからのバッククラッカーで勝利。

タッグマッチ 60分1本勝負
KATSUMURA&PSYCHO&〇進祐哉(片エビ固め)大和ヒロシ&スペル・チノ&ドラゴンリブレ●
※フロントクラッシュから。


試合開始から6選手が入り乱れる大乱闘状態に。スクワッドは新たにバットを凶器に使用し、ボールを客席に打ち込むファンサービスも。最後は進がリブレをフォールし、マスクドスクワットの連携が際立った。

6人タッグマッチ 時間無制限3本勝負(メキシカンルール)
フェリーノ(C)&ビオレントジャック&守部宣孝(2-1)ミステル・カカオ(C)&TSUBASA&政宗
※キャプテン、もしくはキャプテン以外の2人から勝利した時点で終了のルール。
1本目:政宗(雷切)守部、ツバサ(ウラカンラナ)ジャック
2本目:ジャック(風車吊り)政宗、守部(リバースゴリースペシャル)ツバサ
③本目:フェリーノ(ラ・マヒストラル)カカオ

CMLLからフェリーノが登場。1対1のあと、マヒストラルでカカオをフォールし、ルチャの技術を大いに見せた。試合後は「グラシャスハポーン!私は55歳です。ルチャを37年やってきました」とあいさつし、日本へ来たことに感謝の意を示す。そしてカカオに自らがかぶっていたマスクをプレゼントした。

23日に自らの25周年大会で、フェリーノと対戦したツバサは「僕の25周年で、ルチャを日本で見せたくて、カカオさんの力を借りてフェリーノさんを呼んでいただきました。僕一人で呼べるだけの選手ではありません。大阪に続き東京でもルチャを見せられて嬉しく思います」と感謝を述べる。

続いてカカオも、「ツバサさんの大阪大会とこの覆面MANIAでフェリーノさんを招聘しました。彼はスペシャルエストレージャでこのリング上がっていただくのは普通は可能ではありません。ツバサさんは25年、僕も来年で20年、政宗選手も20年やってますが、彼は35年以上のキャリアがあります。ぼくらはまだまだです。常に毎週、メキシコで2万人近いお客さんのなかでやってる選手が、ぼくらに手を合わせてくれて感謝しかないです」とフェリーノをリスペクト。ルチャへの愛情と敬意を示してのエンディングとなった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事