【新日本プロレス】ヒロムが田口のアンクルホールドに耐え、必殺のTIME BOMBで王座防衛!KUSHIDAが次期挑戦を表明!(3.6大田区大会)

『戦国炎舞 -KIZNA- Presents 旗揚げ記念日』
3月6日(月)19:00〜
東京・大田区総合体育館

3,896人(超満員札止め)

第7試合 60分1本勝負

IWGPジュニアヘビー級選手権試合

(第76代チャンピオン)高橋ヒロム○ VS 田口 隆祐●

217分42秒  TIME BOMB→片エビ固め

 

※ヒロムが2度目の防衛に成功

 

(試合展開は連続写真でご覧ください)

 

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事