【プロレスリングZERO1】天下一 ジュニアリーグ戦2017!各会場決定対戦カード&天下一出場選手コメント②

『天下一 ジュニアリーグ戦2017』各会場決定対戦カード&天下一出場選手コメント発表!

日高郁人「天下一ジュニアが第2回以来のリーグ戦という事で、トーナメントとは違った緊張感、集中力が必要になる。
今回の出場メンバー、ここ数年で借りを作った奴らばかりなので、1つ1つ借り返して、優勝に辿り着きます。
全国のファンの皆さんも俺たちと一緒に各地で天下一ジュニアリーグ戦を楽しんで、盛り上げてもらえればと思います」

フジタ”Jr”ハヤト「今回で何回目の参戦になるのか分からないけど、そろそろ優勝しないとマジで意味がない。
マジで対戦相手は潰しに行く。そして決勝に残り、新相棒タッグの日高さんと決勝で殴り合いをしたいと思う。
そこで優勝して、ハヤトここにありって所を見せたいと思うので、応援よろしく。
あと俺とやる人達は覚悟した方がいいよ」

塚本拓海「天下一Jr.初出場のプロレスリングBASARA塚本拓海です。先日ライトタッグを奪われ、守るものが無くなってしまったけれど、良い刺激を受けたので、それを力に変え、ガッツリと天下一Jr.を制覇したいと思います。皆さん、BASARA塚本拓海の応援宜しくお願い致します。」

鈴木鼓太郎「前回の天下一ジュニアでは準優勝という苦い思いがあるので、今度こそはジュニア二冠チャンピオンとして、優勝してみせます!
優勝したらあの願いを叶えてもらおうかな…乞うご期待!」

『第14回 天下一ジュニアリーグ戦2017』
【出場選手】
〔Aブロック〕
菅原拓也(前回優勝者)、大谷晋二郎(初出場)、田中稔、フジタ”Jr”ハヤト、ショーン・ギネス
〔Bブロック〕
鈴木鼓太郎(ジュニア2冠王者)、日高郁人(第7、8、12回優勝)、金本浩二(初出場)、高岩竜一(第2、6回優勝)、塚本拓海(初出場)

※公式戦はすべて20分1本勝負。決勝戦のみ、時間無制限1本勝負。勝ち2点、あらゆる負け0点、あらゆる引き分け1点。
特別ルールとして、5分以内に勝利した場合勝ち点が3点となる。
各リーグ一番得点の高い選手が4/26後楽園ホールの決勝戦に進む。同店の場合は決定戦を行う。

【決定対戦カード】4/12~4/26
☆4月12日(水)岡山・おかやま未来ホール
「天下一Jr Aブロック公式戦」 20分1本勝負
◎菅原拓也 vs フジタ”Jr”ハヤト
◎大谷晋二郎 vs 田中稔
「天下一Jr Bブロック公式戦」 20分1本勝負
◎日高郁人 vs 金本浩二
◎鈴木鼓太郎 vs 塚本拓海
◎「横山佳和凱旋記念試合」タッグマッチ30分1本勝負
横山佳和&佐藤耕平 vs 曙&将軍岡本
◎ZERO1 ランブル
出場選手・田中将斗、TARU、小幡優作、ジェームス・ライディーン、高岩竜一、ショーン・ギネス、クリス・オンドーフ

☆4月16日(日)東京・新木場1st RING
「天下一Jr Aブロック公式戦」 20分1本勝負
◎大谷晋二郎 vs 菅原拓也
◎フジタ”Jr”ハヤト vs ショーン・ギネス
「天下一Jr Bブロック公式戦」 20分1本勝負
◎日高郁人 vs 塚本拓海
◎タッグマッチ30分1本勝負
佐藤耕平&鈴木秀樹 vs ジェームス・ライディーン&小幡優作
◎タッグマッチ30分1本勝負
鈴木鼓太郎&横山佳和 vs 田中将斗&TARU
◎シングルマッチ20分1本勝負
クリス・オンドーフ vs 野村卓矢(大日本プロレス)

☆4月23日(日)福島・いわき平体育館
「天下一Jr Aブロック公式戦」 20分1本勝負
◎菅原拓也 vs ショーン・ギネス
◎大谷晋二郎 vs フジタ”Jr”ハヤト
「天下一Jr Bブロック公式戦」 20分1本勝負
◎鈴木鼓太郎 vs 日高郁人
◎タッグマッチ30分1本勝負
佐藤耕平&美熊 vs 小幡優作&クリスオン・ドーフ
◎ストリートファイトデスマッチ 6人タッグマッチ時間無制限1本勝負
大仁田厚&アジャ・コング&ジェームス・ライディーン vs 田中将斗&TARU&ハートリー・ジャクソン

☆4月26日(水)東京・後楽園ホール ※決勝戦
「天下一Jr決勝戦」時間無制限1本勝負
◎Aブロック最高得点者 vs Bブロック最高得点者
◎世界ヘビー級選手権試合 30分1本勝負
<王者>田中将斗 vs <挑戦者>ジェームス・ライディーン
他参戦選手、曙、将軍岡本、佐藤耕平、小幡優作、鈴木秀樹、TARU、野村卓矢、他

プロレスTODAYの申し子
プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事