【リアルジャパンプロレス】初防衛戦に臨む第11代レジェンド選手権王者・大谷晋二郎 「ベルトがまだ“大谷晋二郎から離れたくないと言っている。頑張る勇気を伝えたい!」12/7(水)後楽園ホール大会

初防衛戦に臨む第11代レジェンド選手権王者・大谷晋二郎

「ベルトがまだ“大谷晋二郎から離れたくないと言っている。頑張る勇気を伝えたい!」

%e5%a4%a7%e8%b0%b7%e9%81%b8%e6%89%8b-11

9月に船木誠勝を破り、第11代レジェンド王者となった大谷晋二郎は、リアルジャパンプロレス「『GOLDEN AGE OF THE TIGER』 ~初代タイガーマスク35周年記念大会~」(12月7日、東京・後楽園ホール)でタカ・クノウを相手に初防衛戦に臨む。リアルジャパンの旗揚げのメイン(2005年6月9日後楽園ホール)で、初代タイガーマスクの対戦相手を務めた大谷が、初代タイガーの35周年記念大会では王者としてメイン出場となる!死闘となった船木戦、そしてベルトへの愛着と金曜夜8時の思い出、リアルジャパン2016年の締めくくりとなる“戦い”へ、大谷が熱く、熱く語る。

 

 

――まずは船木誠勝選手を破り、第11代レジェンド選手権王者となった前回の試合を振り返ってお願いします。

 

大谷 間違いなく命がけの戦いで、正直試合後半の記憶がないんです。後で聞いたら、蹴りがアゴに入って、そこから後の記憶がなくて。でも、記憶がない中で気づいたら僕のところにベルトがあったので、ベルトも大谷晋二郎を求めていたと思いたいです。このベルト、僕は魂が宿っているんじゃないか、生きているんじゃないかと思っていて、きっとまだ大谷晋二郎から離れたくないと言っている気がしています。奪取から2ヶ月が経っていますけど、持っていて愛着が湧いてきているし、ZERO1の大会でもよく持って上がっています。

%e4%bc%9a%e8%a6%8b-21

――やはり、死闘を越えての戴冠であったこと、そして初代タイガーマスクが認めたベルトということが深い愛着の元になっているのでしょうか。

 

大谷 記憶がない中でも僕の下にあるっていうことは、ベルトもリアルジャパンも、そして神様も大谷がこのベルトを持っていてくれと思っているんじゃないかなって。仮に思っていなくても、僕が思っていると言ったらそう思っているんです。そういう思いで、僕は軽い気持ちでこのベルトを持っている訳ではないので、だからこそZERO1のリングでも僕はこのベルトを持って上がる訳です。

 

――「僕が思っていると言ったらそう思っている」、まさに大谷選手はそのように自分が強い思いを持つことで、道を切り開いてきたところがあると思います。

 

大谷 僕はそういうことがたくさんあります。さかのぼれば子どもの頃から「俺はプロレスラーになるんだ」と言って、周りの人は誰も本気にしなかったかもしれないけど、今プロレスラーになって、小さい頃憧れていたタイガーマスクの団体のチャンピオンになっている訳です。もう子どもの頃から考えたら、「奇跡」という言葉も超越するくらいの出来事だと思います。だから僕は、自分が思ったことを誰もが認める、真実にしていくことが、もしかしたら自分の役目かもしれないと思っています。

 

(※次ページへ続く)

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社 ㈱リアルクロス代表取締役社長。
プロレスに対する愛情は不変(^ε^)♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4