【WWE】王者カブキ・ウォリアーズが再始動でタッグ戦に勝利!

米国現地時間3月9日、ワシントンD.C.のキャピタル・ワン・アリーナにてロウが開催された。

◆王者カブキ・ウォリアーズが再始動でタッグ戦に勝利!

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWE女子王者カブキ・ウォリアーズが再始動してナタリア&リブ・モーガン相手にタッグ戦で勝利した。

リングに登場したアスカは「おい!誰かボコボコにしたいんだけど、誰かおれへんのか?」と日本語で対戦相手を探すと、カイリは「あぁ~エリミネーション・チェンバー。この怪我がなかったらアスカさん絶対負けなかったのに」とPPVでのアスカの敗戦を悔やんだ。

さらにアスカが対戦相手に関して「アレクサ・ブリスがおったわ」と言うも、そこへナタリア&リブが登場してタッグ戦となった。

試合ではリブがドロップキックからナタリアと連携したダブル・スープレックスで攻め込めば、アスカとカイリはテーピングをしたナタリアの左腕を集中的に攻撃した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに試合途中にはリブの元チームメイトで遺恨が勃発しているルビー・ライオットとサラ・ローガンがそれぞれ現れて場外から観戦すると、試合終盤にはその2人が乱闘となったところでリブがコーナートップからクロスボディ。

これで1人残されたナタリアが孤立奮闘してカイリにシャープシューターを決めたが、タッチしていたアスカがナタリアをハイキックでKOしてタッグ戦に勝利した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事