「平成の仕掛人」永島勝司がYouTubeチャンネルを開設!初回ゲストにキラー・カーンを迎えコロナ禍、引退の真相に迫る!今後は高木三四郎、武藤、サスケらも登場予定

「平成の仕掛人」永島勝司がYouTuberデビューだ!

元新日本プロレス専務取締役として、北朝鮮興行や高田延彦率いるUWFインターナショナルとの抗戦を実現した永島勝司が1日、自身のYouTubeチャンネル「永島オヤジの格闘チャンネル」を開設した。

初回ゲストには大相撲からプロレスに転向し「蒙古の怪人」と呼ばれ国内外で大型ヒールとして活躍したキラー・カーンをゲストに迎えて配信をおこなった。

▼【プロレス】永島オヤジの格闘チャンネル始動!キラーカーンに引退の真相を聞いてみたはコチラから視聴可能

番組内では新型コロナウイルスの影響により、無観客試合等が増えているプロレスを含む興行事情について言及。また元週刊ゴング編集長でプロレスライターの金沢克彦氏を立会人として迎えて、キラー・カーンの現役当時の話(貴重なアンドレ・ザ・ジャイアントの負傷事件の真相も語った)から引退後の秘話まで聞き出している。詳細は是非動画を視聴して確認して欲しい。

※画像は永島オヤジの格闘チャンネルより

番組の最後にはキラー・カーンからプレゼントもTシャツ等のプレゼントも発表されている(応募はLINE@から可能)。

今後はDDTプロレスリングの高木三四郎社長、藤田和之、武藤敬司、ザ・グレート・サスケらをゲストに招いてトークを展開していく予定とのこと。

「平成の仕掛人」がYouTubeを舞台にプロレス界の大物を相手にどの様な話を引き出すのか今後も注目である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事