【新日本】『NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント』が開幕!鈴木の次なるターゲットは“NEVERシングル王者”鷹木信悟!!

6日(木)、東京・後楽園ホール大会でSUMMER STRUGGLE 2020が開催された。

今大会はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンからEVILが離脱し空位となった為、新王者を決めるべく『第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント』が開幕した。

後楽園4連戦となった初日のメインはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンvs鈴木軍の対決となった。

永田裕志とのシングル戦に終止符を打った鈴木みのるの次なるターゲットは誰か!?

その答えはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンで現在NEVERシングル王者の鷹木であった。

両軍ともに激しい戦いを見せたが、最後はSANADAがDOUKIをSkull Endで仕留めた。

それでもやりたいない鈴木は鷹木を挑発し、NEVERシングル王座への挑戦を強烈にアピールした。

SUMMER STRUGGLE 2020
日時:2020年8月6日(木) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:698人(札止め)

▼第6試合 60分1本勝負
第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント1回戦
BUSHI   SANADA 〇 鷹木 信悟
vs
DOUKI×  エル・デスペラード 鈴木 みのる
(13分37秒  Skull End)
※鷹木&SANADA&BUSHIが『第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント』準決勝戦進出

➡次ページ(試合後バックステージコメント)

<※写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2