【新日本】<11.20後楽園>ゲイブの猛攻を凌いで小島が勝利!小島「全国の沢山のファンの皆様に、まだ小島聡は生きているということをみんなに教えてやろう」

新日本プロレスは20日、東京・後楽園ホールにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第1試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月20日(金) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人

▼第1試合 20分1本勝負
本間 朋晃
小島 聡〇 
vs
ゲイブリエル・キッド×
永田 裕志
9分00秒  ラリアット→体固め

▼試合後バックステージコメント

本間「オイッ! ゲイブ!! おまえ本当素晴らしいよ。素晴らしい。気合もあるしパワーもあるし。でも、この本間朋晃、舐めてもらっちゃ困るんだよ! オイッ! おまえが言ってきた第3世代、小島…小島…小島……。オラ! 俺の名前どこいった!? わかんねーんだったらよ、力尽くで俺はわからしてやるよ! でも今日は俺は俺と小島、勝つには勝ったけど俺にとっては負けたに等しい。何でかっつーと俺が攻め込まれてどうすんだっつーの。クソが、俺は今日負けだよ負け、俺の負けだよ」

小島「多分、ゲイブと俺はきっと親子以上の年齢が離れていると思う。もうそういう中でね、これだけ同じ、互角? いや、もしかしたらあいつの方が強く見えるよ、きっと。そういう試合を今やっている、ギリギリ、ギリギリ立ってるよ。辻とかもそうだけどさ、1個1個のパワーとか1個1個の技の上手さとか1個1個のインサイドワークとか、そのどれをとってもきっと俺よりも上だと思う。だけど、プロレスはその全てが合わさって初めてプロレスになるんだ! なあ、その総合力でまだ俺はおまえには負けない。絶対に負けてられない。ここで負けたら俺はこのプロレス業界でメシ食えなくなっちまう。今、おまえたちにやられたら。だからこっちはムチャムチャ必至だぞ今。全然余裕なんかないけど、必死こいて生きてる。その必死こいて生きてる姿を沢山の人に見てもらう。新日本プロレスワールド、そして今日の会場の人、全国の沢山のファンの皆様に、まだ小島聡は生きているということをみんなに教えてやろう」

永田「ま、結果は初日と一緒ですけどね。全然違う試合展開ができたんで、なんかその、結果以上にやっぱゲイブののびのびとしたしたファイトがお客様に披露できて。まあ今日はなんか負けたけどしてやったり的な、有意義な試合でしたね。もうちょいだったんですけど。ゲイブも伸びてるから、それを今日披露できて。次は辻がもっと凄いもの見せて、勝てば最高だなと。そういう風に仕向けるのが俺の努めかなと、今シーズン。以上です」

ゲイブリエル「クソ! でも試合の後ナガタサンが、“ゲイブ、すごかったぞ。よくやった。お前は強い闘魂を持ってる”と言ってくれた。すごく嬉しい褒め言葉だった。全然まだまだだったし、今日も勝てなかったけど、2人をギリギリまで追い詰めた。3カウントを取ってやるつもりだったけど、それは無理だった。コジマとナガタも互いに燃え上がっているようだ。でも俺のターゲットはホンマだ。何故かって? だって彼はコソコソ逃げ隠れてるあいつのパートナーだから。ホンマ、このシリーズを通し俺とあなたのどちらが強いのかハッキリさせようじゃないか。もっともっとあなたの力を見せてくれ。俺は今日全力であなたにぶつかっていったぞ。さぁもっとやろう」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事