【ストロングスタイルプロレス】12・17後楽園でデビュー35周年記念試合をおこなう船木誠勝にインタビュー!入門テストを担当したアレクサンダー大塚と初めての一騎打ち!!

ストロングスタイルプロレス12・17後楽園でデビュー35周年記念試合をおこなう船木誠勝にインタビュー

入門テストを担当したアレクサンダー大塚と初めての一騎打ち!

「一緒になれそうでなれなかったアレク。あのときの大塚君かと、マルコ・ファス戦で知りました」

■興行名称:初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.8
■開催日時:2020年12月17日(木)開場:17時30分/試合開始:18時30分 
■会  場:後楽園ホール
■主  催:初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレス

<第五試合 セミファイナル シングルマッチ60分1本勝負>
[船木誠勝35周年記念試合/アレクサンダー大塚25周年記念試合]
船木誠勝(フリー)
vs
アレクサンダー大塚(AO/DC)

UWFの三派分裂で船木誠勝は藤原喜明率いるプロフェッショナルレスリング藤原組を選択した。

藤原組時代、船木は入門希望者のテストを担当していたという。そのときテストを受けたのがアレクサンダー大塚だった。

優秀な成績で合格はしたものの、訳あってアレクは辞退。船木がパンクラスに移籍後、あらためてプロ入りを決断し、藤原組の門を叩き直したのである。

リング上では行き違いになってしまったふたりだが、あれから30年近い歳月を経て初めてシングルマッチがおこなわれることになった。

ともに総合格闘技でも大舞台を踏み、プロレス界を超える大きな話題を提供したふたり。

そのふたりが初代タイガーマスク佐山サトル主宰のリングで激突する。船木にとっては35周年記念を飾るにふさわしい好カード。

アレクとの初シングルを前に、話を聞いてみた(聞き手・新井宏)

――船木選手はストロングスタイルプロレス12・7後楽園でアレクサンダー大塚選手とのシングルが決まりました。船木選手のデビュー35周年記念試合になりますね。この35年間、いかがでしたか。

「本当にあっという間だなと感じますね。15歳(デビュー)ですからね。15からの51歳なんですけど、35年ってあっという間だなと。考えてみれば、いまから35年先ですと85歳を超えてますから、そこまで生きられるかなってことじゃないですか。もう人生の半分は終わってると思うので、そういう意味では人生ってあっという間なんだなと思います。それを最近感じていますね」

――今年に関しては、記念試合をおこなうにはなかなか難しい状況ではあったと思いますが。

「そうなんです。それでもどうしてもやりたかったですね。小さくてもいいからやりたい。ということで強引に、近藤有己と11月(8日)にやったんです(道頓堀プロレス、大阪世界館)。試合は5分3ラウンドで引き分けたんですけど、それだけは絶対にやっておきたいなと思って、なんとか実現できました。その後、(ストロングスタイルプロレスの)平井さんの方からこのリングでも、というお話をいただきまして。ちょうどアレクサンダー大塚選手が25周年ということで、アレク選手と(記念試合を)一緒にやったらどうですかという形でオファーを受けました」

――ともに記念試合でもありますから、おふたりにとって非常に意味の大きいカードになりますね。

「そうですね。タッグでは何度かあたっていますがシングルは初めてですし、ボクは彼が入門しようとしたときの入門テストの試験官だったんですよ。新生UWF以来というか、彼は藤原組史上初めて、入門テストすべてをパーフェクトでクリアーしたんです。簡単に入れないようにけっこうキツく作ったんですけどね(笑)」

――入門テストのメニューを?

「ハイ。あえてキツくしたんですけど、それを全部クリアーしてしまったんで、すごいなってなりましたね。それで『来年から入ります』ということになりました。確か、テストは秋口だったと思うんですけどね、『来年から(藤原組に)来ます』ということだったんですけども、来れなくなったと。あんなにパーフェクトにやったのに、なんで来ないんだろうと、すごい不思議だったんですよ。そうこうしているうちに自分が藤原(喜明)さんと別れてパンクラスに行くんですけども、それから数年後ですよね。PRIDEが始まり、98年のPRIDE4ですか、マルコ・ファス戦があった。その試合はTKOでマルコ・ファスが負けたんですけども、勝った選手ってもしかしてこれ、あのときのかなと思って。名前はアレクサンダーだけど、確か(本名は)大塚とかだったなと。アレクサンダー大塚と聞いて、あのときの大塚君なのかなと思ったんですね。風貌がだいぶ変わってましたけど、もしかしてあのときのあの選手かなと、あの新人だったのではないかと。あとでインタビューとか見たら、やっぱりそうだったんですよ」

――それで存在を知ったと。

「ハイ。なるほどなと、納得できましたね。強くなる要素は入門テストのときに感じてましたので」

――入門テストでの第一印象はいかがでしたか。

「身体はもうできあがってました。レスリングやってましたので身体はできあがってて、身長も体重もあった。テストも本当に全部クリアーしたので、技術つければいいだけって感じでしたね。大変有望な新人でしたよ。なんですけども、(正式入門前に)いなくなっちゃった、こなくなっちゃったんで、どうしたんだろうなってずっと思ってたんですよ。もったいないなって思いましたね」

――そのとき、なぜ船木選手が入門テストを担当していたのですか。

「自分、藤原さんから『入門テストはオマエに任せるから』と言われてましたので、藤原組では全部自分がやってました。ありきたりだとつまらないので、できるだけクリアーできないようなメニューを作ったんですけどね」

――あえてハードルを高くしたんだけれども、それを簡単にクリアーしてしまったのが当時のアレク選手だったと。

「ふつうにやっちゃったんで(笑)」

――ということは、合格以外の何物でもなかったんですね。

「そうです。あとは、一緒にやろうねと言う話しをしたと思います。一緒に頑張ろうと」

――その後、マルコ・ファス戦で存在を知った。

「ええ。そこからはもう、アレクサンダー大塚という選手としてずっと見てましたね」

――その後、船木選手もヒクソン・グレイシーと対戦。おふたりともプロレスから格闘技で大きな試合をしたという共通項がありますね。

「そうですね」

――今回対戦するにあたり、どんな闘いになりそうですか。

「ふたりとも藤原組にいたということは、やっぱり基本的に藤原(喜明)さんが先生じゃないですか。そこはまず絶対的なものがあると思います。それに、総合格闘技という点でもふたりとも経験がありますので、その要素もあり、あともうひとつは、プロレスという中でお互いが持っていないものをお互いが持ってると思うんですよ。アレク選手にあって自分にないもの、自分にあってアレク選手にないもの。プロレスの中でそういうものがあると思うので、その辺がもしかしたら勝負の分かれ目になるような気がしますね」

――プロレスという点では、船木選手のハイブリッドブラスターはアレク選手に決めにくくないですか。

「なかなかけっこう大変だと思いますよ。アレク選手は体重が120キロあるらしいので、30キロ差はけっこうキツいです。逆に、投げがいはあると思いますけど」

――いままで対戦してきた中で、アレク選手は誰に近いタイプだと思いますか。

「(バックボーンが)レスリングですよね。打撃はないですから、ちょっと藤田和之選手を一回り小さくした、そんなイメージかなと。投げもできますからね。レスリング基盤ということは、そういう感じかなと思いますね。ただ、藤田ほど打たれ強くはないかなと思います、たぶん」

――そこに勝機を見いだすと。

「そうですね。そんな感じはしますけどね」

➡次ページに続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2