【新日本】担架で運ばれた天山の容態を「幸い大事には至っていない」と報告

 

 新日本プロレスは7日、前日に行われたTOKYO DOME CITY HALL大会にて負傷、担架で運ばれた天山広吉の容態について公式サイトにて報告した。

報告によると「1月6日(水)に開催されたTOKYO DOME CITY HALL大会にて、第3試合後に負傷した天山広吉選手ですが、リングドクターの診察の結果、首に負傷は見られますが、幸い大事には至っておりません。今後の試合出場に関しては、負傷箇所の回復状況とドクターの診断によって判断させて頂きます」と現在の状況を伝えた。

天山は6日のTHE EMPIREとの6人タッグマッチの試合後にオーカーンからTTDをくらい、そのまま動けなくなり担架にて運ばれ、心配されていただけに一安心となった。

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事