【JWP女子プロレス】2・5(日)ラゾーナ川崎大会結果!コマンドボリショイ・Leon組がタイトル防衛もコマンドボリショイが「皆さんに報告を会見にてします。」と注目の発言を残す!

『FLY high in the 25th anniversary』
2月5日(日)ラゾーナ川崎プラザソル
観衆163人(超満員)

1、シングルマッチ 20分1本勝負
〇KAZUKI(11分55秒、片エビ固め)あきば栞●
※ダイビング・ニードロップ





2、タッグマッチ 20分1本勝負
〇勝愛実&中野たむ(16分18秒、オレンジ☆ブロッサム)ライディーン鋼●&Sareee





3、JWP認定ジュニア&POP選手権 30分1本勝負
〇〈王者〉藤ヶ崎矢子(10分31秒、片エビ固め)長浜浩江〈挑戦者〉●
※旋回式ダイビング・ボディプレス。第31代JWP認定ジュニアならびに第21代POP王者が初防衛に成功。





4、シングルマッチ 20分1本勝負
〇中森華子(14分53秒、エビ固め)安納サオリ●
※ディスティニー・ハンマー





5、JWP認定タッグ&デイリースポーツ認定女子タッグ選手権 30分1本勝負
〈王者組〉〇コマンドボリショイ&Leon (16分49秒、片エビ固め)花月&希月あおい●〈挑戦者組〉
※キャプチュード・バスター。第49代JWP認定タッグならびに第22代デイリースポーツ認定女子タッグ王者組が初防衛に成功。




試合後に、コマンドボリショイがタイトルを守り続けるとコメントするも、今後について改めて会見にて話しますと
意味深発言を残し大会はフィナーレ!会見で何を語るのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事