【WWE】アダム・コールがオライリーに続き盟友ストロングを裏切りのスーパーキック葬

NXT王者フィン・ベイラーと盟友カイル・オライリーを「NXTテイクオーバー: ベンジェンス・デイ」で襲撃したアンディスピューテッド・エラのアダム・コールがNXTで盟友ストロングを騙し打ちした。

リングに登場したコールは「俺はオライリーがNXT王座奪取に繰り返して失敗したのが許せなかった。だが俺はバカな間違いをした」と盟友への攻撃を反省していると、そこにロデリック・ストロングが現れて「今頃反省か?チームは信頼や愛情で成り立ってたのにお前は俺たちを裏切った。俺はオライリーがお前に攻撃しても助けるかどうかわからない」と心境を口にした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

するとそこへベイラーが現れてコールを強襲すると、コールはストロングが止めに入った隙にベイラーをスーパーキックでKO。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ベイラーを返り討ちにしたコールは「すべて俺が悪かった」と泣きながら謝罪するとストロングは「愛してるぞ。お前は兄弟だ」とハグを交わして和解したかに思えたが、最後はコールが「お前は本当にバカだな」と言いながら裏切りのローブロー攻撃を放つとチームネックレスを引きちぎってストロングをスーパーキックで沈めた。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事