【新日本】天山広吉がモンゴリアンチョップを解禁、テンコジがUNITED EMPIREから激勝!

新日本プロレスは2月28日(日)、『CASTLE ATTACK』大阪城ホール二連戦の二日目を開催。

この日の第1試合で、天山 広吉&小島 聡のテンコジがUNITED EMPIRE ジェフ・コブ&ウィル・オスプレイと対戦。

天山は1.6TDC大会の試合後にUNITED EMPIREに暴行を受けて担架送りにされ、欠場に追い込まれた因縁の相手だ。

この試合で天山は、1.30愛知大会で行われたグレート-O-カーンとの敗者モンゴリアンチョップ封印マッチに敗れて封印していたモンゴリアンチョップを解禁するとオスプレイとコブに乱れ打ち。

そこから流れを引き寄せるとテンコジカッターを見舞い、最後は小島がコブのツアー・オブ・ジ・アイランドをかわしてラリアットでコブを沈めてカウント3を奪って勝利した。

CASTLE ATTACK
日時:2021年2月28日(日) 12:00開場 14:00開始
会場:大阪・大阪城ホール

第1試合 20分1本勝負
天山 広吉&〇小島 聡
vs
×ジェフ・コブ&ウィル・オスプレイ
9分56秒 ラリアット→体固め

▼バックステージコメント

小島「この右腕には、いろんなものが詰まってる。骨と、血管と、筋肉と、それだけじゃないものがたくさん詰まってる。夢と希望が、この右腕にはたくさん詰まってる。一発相手のノドに入れれば絶対に、誰も(フォールを)返せない。それは絶対にできないと思ってるから。俺がずうっと続けてきたラリアット。そしてずうっと続けてきたプロレスラー。こんなところで足踏みしてるわけには、いかねえんだよ」

天山「(※小島が控室に向かおうとしたところでコメントスペースにやって来て)コジ、ありがとう(※と言って右手を差し出す)

小島「ありがとうございました(※と言って両手で天山の手を握り締める)」

天山「コジ、やっぱさすが。コジも右腕……」

小島「ありがとうございます!」

天山「決まったね」

小島「ありがとうございます!」

天山「まだまだやろうぜ」

小島「やりましょう! お願いします! ありがとうございます!」

天山「ハイ。(※控室に向かう小島の後ろ姿に向かって)コジ、モンゴリアン(チョップ)使ったな、そういえば」

小島「(立ち止まり、振り返って)あっ! でも、一番使って……」

天山「OK。いいよ」

小島「いいですか?」

天山「いいよ、いいよ」

小島「いいですか? ありがとうございます!(※と言い残して先に控室へ)」

天山「そう、モンゴリアン。モンゴリアンなくして、俺自身、もうなんなの? 溜まりに溜まってね。もうストレスっていうか。試合の中で使えへんっていうのが一番、もうなんのあれよりも……(※両腕を振り上げる仕草をして)ここまできて出せない。もう我慢の限界でした。もう、さすがにあそこまでおちょくられたらね、誰だって、やるしかないやろな。俺はもう、とにかく、封印っていうか、されたかもしれないけど、俺自身は、そんなもん知ったこっちゃないよ。俺が(モンゴリアンチョップ)やるのに、だれか文句あんのやったら来いって、出て来いや。ただな、普通のモンゴリアンちゃうねん。モンゴリアンチョップ改め、真モンゴリアンチョップや。これはもう、ウソも偽りもない、真(まこと)の、真実の“真”や。真モンゴリアンチョップ、もうそれでブチのめしていくよ。どんなヤツだろうが、(UNITED)EMPIREのクソどもが! 俺がもう1回、真モンゴリアンチョップ、これ出したら、お前らひとたまりもないって。覚悟しとけって。

バッチシ、(※モンゴリアンチョップを打つ仕草をして)これで決めるってんだ! なんか文句あったら言ってこい、誰か! モンゴリアンチョップ、真モンゴリアンや。わかったなって。蹴散らしてやらあ」

※オスプレイ&ジェフはノーコメント

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事