【WWE】仲間割れしたアダム・コールとカイル・オライリーが調印式で一触即発

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間3月26日にNXTが配信され、仲間割れしたジ・アンディスピューテッド・エラのアダム・コールとカイル・オライリーが「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」の調印式で一触即発の舌戦を展開した。

ウィリアム・リーガルGMは警備員が取り囲む調印式で「オライリーは負傷しているのでNXTは責任を負わない」と不認可での試合を決定すると、コールは「もうアンディスピューテッド・エラは必要ない。オライリーは2度も王座奪取に失敗して、さらにベイラーを仲間にしようとした。俺はお前とは違う。俺がいなければお前に何も価値はないんだぞ」と感情的にオライリーを非難して契約書にサインした。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

一方のオライリーは「俺はもう卑怯なことはしたくない。アンディスピューテッド・エラに売った魂を取り戻したいんだ」と正直な気持ちを伝えたが、コールが「死刑執行にサインしろ」と挑発するとオライリーはサインしたペンをコールに投げつけて一触即発となった。

「NXTテイクオーバー:スタンド&デリバー」は日本時間4月8日、9日の2日間に渡って行われ、コール対オライリーの一戦は日本時間4月9日にWWEネットワークで配信される。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事