【プロレスTODAY増刊号】スーパー・タイガーが河野真幸とのレジェンド選手権に向けて意気込みを語る!“初代タイガーマスク40周年記念大会”4.22後楽園・平井代表が見所解説

ストロングスタイルプロレスの平井丈雅代表とレジェンド選手権王者・スーパー・タイガーが、4月22日(木)に東京・後楽園ホールで開催される『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.10~初代タイガーマスク40周年記念第1弾~』に向けてプロレスTODAY編集部に来社。

初代タイガーマスクは1981年4月23日蔵前国技館でのダイナマイト・キッド戦でデビュー。2021年は40周年イヤーとして1年間(4月22日、7月29日、10月21日会場:後楽園ホール)記念大会が行われる。

▼平井丈雅代表、スーパー・タイガー選手のインタビュー動画前編はコチラ▼

平井代表が各カードの見どころを解説、スーパー・タイガーも選手の印象などをコメントしている。

<タッグマッチ 30分1本勝負>
スーパー・ライダー(ストロングスタイルプロレス)&日高郁人(ショーンキャプチャー)
vs
伊藤崇文(パンクラスism)&頓所隼(フリー)

<シングルマッチ 30分1本勝負>
村上和成(フリー)
vs
阿部史典(プロレスリングBASARA)

<女子スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負>
ジャガー横田(ワールド女子プロレス ディアナ)&伊藤薫(フリー)
vs
雪妃真矢(アイスリボン)&安納サオリ(フリー)

<UWAアジアパシフィックヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
【王者】間下隼人(第4代王者/ストロングスタイルプロレス)
vs
【挑戦者】将軍岡本(ブードゥー・マーダーズ)

※セミファイナルについてはインタビュー後に発表された。

▼平井丈雅代表、スーパー・タイガーのインタビュー動画後編はコチラ▼

後編ではスーパー・タイガーがレジェンド選手権試合の河野真幸への意気込みなどを語った。

<レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
【王者】スーパー・タイガー(第15代王者/ストロングスタイルプロレス)
vs
【挑戦者】河野真幸(フリー)

スーパー・タイガー「河野はいかにもプロレスラーという大型なダイナミックな部分を持っているので、そこをのみ込んだ上で勝ちたい」

平井代表は「3年前に参戦して頂いて、その時に大きくて強いという印象、そして3月3日の後楽園大会でのスーパー・タイガー&藤田和之vs河野真幸&将軍岡本の戦いを見た時に、この選手はやはりうちのリングで戦うべくして戦う選手だという確信を持ちました」と河野について述べた。


(C)SSPW

3月の会見にて初代タイガーマスクより「この試合は個人的にすごく興味がある試合で、スーパー・タイガーにとっては、いかに評価がされるかという試合だと思ってます。勝つ負けるは絶対に必要なことですけども、それ以上に河野選手のいいところ、それからスーパー・タイガーのいいところを出しあって、素晴らしい試合ができるのを見られると思います。2人とも相当練習ができているようなので、体調もよさそうなので、この試合にかける意気込みは、あるいはファンの人たちもこの試合に注目してほしいと切に願う次第であります。いい試合を願っていますので、頑張ってください」とのメッセージにスーパー・タイガーは「佐山総監に対してはここまで成長したのかと。そしてただ勝った負けただけではなく、初代タイガーマスクのように相手の良さなど、お互いに引き出し合って戦うというのをしっかり自分の中で思っています」と成長した姿を見せたいと気合十分だ。

また、大型の河野に対して「過去に全日本プロレスに参戦した経験があるので、あれがあるのとないのでは違う」そして「経験の部分と変わった部分を試合までの期間、しっかりと練習を積んでいかないとまずいという部分は分かっている」と防衛戦に向けての考えも明かした。

インタビューでは初代タイガーマスク選手の近況や二人にとっての初代タイガーマスクの存在についても語っているので是非ともご覧いただきたい。

注目の初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.10~初代タイガーマスク40周年記念第1弾~は4月22日に東京・後楽園ホールにて18時30分より試合開始となっている。

初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.10
~初代タイガーマスク40周年記念第1弾~
日時:2021年4月22日(木)開場:17時30分/試合開始:18時30分 
会場:東京・後楽園ホール

【対戦カード】

<レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
【王者】スーパー・タイガー(第15代王者/ストロングスタイルプロレス)
vs
【挑戦者】河野真幸(フリー)

<セミファイナル タッグマッチ30分1本勝負>
ケンドー・カシン(はぐれIGFインターナショナル)&田中稔(GLEAT)
vs
大谷晋二郎(プロレスリングZERO1)& 高岩竜一(フリー)

<UWAアジアパシフィックヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
【王者】間下隼人(第4代王者/ストロングスタイルプロレス)
vs
【挑戦者】将軍岡本(ブードゥー・マーダーズ)

<女子スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負>
ジャガー横田(ワールド女子プロレス ディアナ)&伊藤薫(フリー)
vs
雪妃真矢(アイスリボン)&安納サオリ(フリー)

<シングルマッチ 30分1本勝負>
村上和成(フリー)
vs
阿部史典(プロレスリングBASARA)

<タッグマッチ 30分1本勝負>
スーパー・ライダー(ストロングスタイルプロレス)&日高郁人(ショーンキャプチャー)
vs
伊藤崇文(パンクラスism)&頓所隼(フリー)

※対戦カードは予告なく変更となる場合あり。

<インタビュアー:プロレスTODAY総監督 山口義徳>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事