【新日本】ゴールデン☆エースが快勝!飯伏がコブとの一騎打ちを熱望<5.25後楽園:全試合結果>

新日本プロレスは5月25日(火)、『Road to WRESTLE GRAND SLAM』後楽園ホール三連戦の2日目を開催した。

メインは飯伏幸太&棚橋弘至のゴールデン☆エースがジェフ・コブ&グレート-O-カーン(UNITED EMPIRE)とタッグで激突。

一騎打ちの機運が高まる飯伏とコブは互いに意識し合う展開に。

試合は飯伏がコブに見せつけるように本家カミゴェでオーカーンを沈めた。

勝利の勝ち名乗りを受けた飯伏はマイクで「ジェフ・コブ、彼はすごいよ、ホントに。本当にすごい!まだまだ、まだまだ、まだまだ!僕に足りないものをたくさん持ってる。だから、彼と早く戦わせてほしい。」と改めてコブとの一騎打ちを要望した。

『Road to WRESTLE GRAND SLAM』
日時:2021年5月25日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:274人

<試合結果>

▼第1試合 20分1本勝負
辻 陽太 ×
vs
チェーズ・オーエンズ 〇
8分34秒  パッケージドライバー→片エビ固め

<試合後バックステージコメント>

オーエンズ「1ヶ月も試合してなかったけど、やっと調子が戻ってきた。体もちっとも痛くない。ツジ、お前も俺と同じグリーンベイ・パッカーズのファンらしいな。 知ってるか? グリーンベイ・パッカーズはアメリカンフットボールのチームだぞ。ツジ、頭から落として悪かったな。でも、勝たないともっと稼げないからな、仕方ない。どうだ、これがテキサス・ナンバー1のレスラーの実力だ」

 
 
辻「今日は終わっちまった。残すはあとひとつ、鷹木信悟。俺とアンタ、鷹木信悟、どっちが強いかって言われたら、そりゃあ鷹木さんのほうだろうよ。ただ、99%負けたとしても、1%、たった1%でも勝機があるなら俺は闘う。それが男ってモンだろ、鷹木信悟! それともうひとつ、鷹木信悟、もし俺がアンタに勝ったら、アンタが狙うIWGP世界ヘビー級への挑戦、俺と代われ!」

 

▼第2試合 20分1本勝負
DOUKI
ザック・セイバーJr. 〇
vs
石森 太二
高橋 裕二郎 ×
9分44秒  Barry from Eastenders

<試合後バックステージコメント>

ザック「今日はスペイン語でコメントする余裕もなさそうだ」

DOUKI「(※スペイン語で)スペイン語は難しくないだろ」

ザック「(※スペイン語で)ふざけるなよ。(※英語で)じゃあ、今日はスペイン語と日本語の両方でコメントするか。今日もお前はすごかったよ。10年もメキシコで試合してたお前には、今日の試合なんて楽勝だっただろ」

DOUKI「(※英語で)楽勝だ!」

ザック「お前はもっとチャンスに恵まれてもいいはずなのに。みんながタイチの体調を心配してくれてるって聞いてうれしいよ。でも、あいつは強いから大丈夫だ。だからコロナウイルスだってやっつけた。(コロナで)喉がやられなくてよかった。タイチの歌声は最高だからな」

DOUKI「(※スペイン語で)まったく同感だ」

ザック「本当にあいつの歌声は美しいよな。だから喉を痛めないためにも休めと言ったんだ。なんかスペイン語を話す気もG.o.Dの話をする気もしないな。ほかに特に言うこともないし。最近暑くなってきて湿度も高くなってきたな」

DOUKI「(英語で)湿気てるよな!」

ザック「俺たち、退屈過ぎて天気の話なんかしちゃってるよ(※と言い残して立ち去る)」

DOUKI「(スペイン語で)石森、ひとつだけ言わせてくれ…お前と闘うのは楽しい。(※日本語で)あぁ、なんて言うんだ!? スペイン語な、忘れてくるよな。何年も、ここ数年、メキシコ行ってないからな…。(※スペイン語で)それだけ石森との試合はやりがいがある。期待してるわけじゃないけど、石森と当たるといつも楽しんでる自分がいる。感情ってのは不思議だな。以上だ。アディオス」

  

石森「(※コメントスペースに座り込み)普段なかなか当たらない相手とやれるのは、これはこれで楽しみ。特にザック。ザックは10年前ぐらいに、いろいろやり合ってた相手で。どこからも来るサブミッション(関節技)に、無限に出して来る技の引き出しの多さ。たまんねぇな、ホントによ。当時からすごすぎるのはわかってたけど、そのすごさが、俺の予想以上にすごくて、面白い刺激もらったよ。この先、またやり合いたいね。それと、デスペ、チャンピオン。貴様、見てる!? フフフフ…。俺は、変わらず、いつでも、ずっと、狙ってるから(※ベルトを腰に巻く仕草)」


 
※裕二郎はノーコメント

 

▼第3試合 20分1本勝負
マスター・ワト ×
天山 広吉 
vs
タンガ・ロア
タマ・トンガ 〇
12分44秒  マジックキラー→体固め

<試合後バックステージコメント>

 
 
天山「ワト、大丈夫か? ああ、クソッ!」

ワト「クソッ! 勝ったらさ、今日勝ったら、あいつらのベルトに挑戦したかった」

天山「いや、ホンマや」

ワト「惜しかった。悔しいけど、悔しいけど、気持ちでは負けてねぇよ」

天山「(※ワトの首を冷やしながら)ジュニアもヘビーも関係ないよな。OK! 気持ちで負けんなよ! ヘイ! (※ワトが1人で引き揚げると)昨日は本間と、今日はワトね。“即席”言うたらあれやけど、ワトは今日はやってくれるかなと思って。しっかりといいところ、ワンツースリー入ってもおかしくないところもあったし。まだまだ、まだまだ! 1回や2回やっただけでね、あいつも諦めへんし、そういう男やから。まあ、タッグチャンピオン、なんだかんだ言って、タッグチャンピオンなんやろ、あいつら、G.o.D。次、誰をパートナーにするかわからへんけど、しっかりとベルト戦線絡むぞ、オイ! 見とけ、オラ!」

※タマ&タンガはノーコメント

■次ページ(セミ・メイン)に続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2