【プロレスTODAY増刊号】DDT・吉村直巳「怪物・樋口和貞を倒しヘビー級の象徴に躍り出る」とKING OF DDTへの意気込みを語る

DDTプロレスリングの吉村直巳が、6月10日に開催のシングルトーナメント『KING OF DDT 2021』に向けてプロレスTODAY編集部に来社。トーナメント1回戦であたる樋口和貞戦や勝ち上がった際の2回戦での対戦希望者について話した。

▼吉村直巳インタビュー動画(前編)はコチラから視聴可能▼

欠場からあけて噛みついてきた飯野雄貴を倒して出場するKING OF DDTに関して、仕上がり具合を尋ねられた吉村は

「自分の中ではまだまだあげていける。でも周りは欠場前とそん色ないと言う」とまだまだ伸びしろがあることを示唆

初戦の対戦相手の樋口和貞の印象について問われると

「樋口さんはDDTの中での怪物。DNA※の時から樋口さんのことは意識している。これまでシングルマッチは1度もない。(KING OF DDT出場の)席をかけて戦ったのが飯野だとしたら、トーナメントの1回戦でDNAで一強だった樋口さんとあたると考えると思い入れのある1回戦になると思います」と回答。

 ※DNA=DDT NEW ATTITUDEの略称。DDTの若手が主人公となる新プロジェクトとして高木三四郎が2014年9月に発足を発表。主な所属 選手として、樋口和貞、勝俣瞬馬、岩崎孝樹、MAO、渡瀬瑞基、島谷常寛、上野勇希、吉村直巳、飯野雄貴らがおり、現在のDDTの主力を担う選手を多数輩出した。2018年にブランドは休止とし全所属選手がDDTに移籍した。

               1回戦で吉村と対戦する樋口和貞

さらに「樋口さんに勝たないと…DDTのヘビー級と言えば今は樋口さんだと思っているので、そこに自分と飯野と納谷がどこまで食らいつけるか、どこで誰が先に引きずりおろせるかと思われてると思うんで、この1回戦、相手が樋口さんなのは嬉しいし、勝たないと話にならないなと思います」とDDTヘビー級の覇権争いを制していくためにも大事な一戦との考えを示した。

樋口の強さに関しては「ただただ楽しみ。何をやっても壊れない一方で向こうの破壊力もエグい。それこそタッグベルトを獲られた時の試合の時は最後の頭つきで全身しびれたんで…」と電気が走ったという樋口和貞の技の威力を説明。「鉄柱にも頭を打ち付けてもピンピンしてるんですよ。鉄柱より頭は弱いわけですから」と樋口の地の強さにリスペクトを示す。

そんな難攻不落の樋口の攻略法を問われると

「何も考えないんですよ。とにかく練習とトレーニングだと思ってて。僕とか飯野って考えるとダメなんですよ。その時の気持ちでいかないと、考えるとアホなんで途中でショートするんですよ。」と敢えて攻略方法を考えずに思い切りぶち当たっていくと宣言。そんな吉村の思いも「多分全部(樋口さんは)受け止めてくれる人なんで削って削って、一発ドカンといければ…」とパワーファイター同士の一戦で最後は執念の戦いになりそうな期待を高める。

20日の後楽園ホールではKING OF DDTのトーナメント2回戦が行われる。ここへ勝ち進んだ際に、遠藤哲哉とクリス・ブルックスの両名のうちで戦いたい相手を問われると

              2回戦で吉村が対戦を希望する遠藤哲哉

「遠藤さん。シングルマッチをやったことがないんですよ。クリスとはUNIVERSALをかけてタイトルマッチで勝負をしてるんですけど、遠藤さんとはタッグや6人タッグ、その他ノンタイトル含めて戦ってきたんですけど、シングルマッチはないんですよ」と遠藤との待望の1戦について言及。昨年のKO-D無差別級王者時代を通じて一皮むけた遠藤について「試合中もそうですし、マイクの時に余裕があるなと凄い感じます」と言いつつ「クリスが上がってきたらUNIVERSALの時のリベンジをするだけ」とほほ笑んだ。

KING OF DDTの優勝した際のその後の展望について聞かれると

「優勝すればそれだけで名誉が与えられるので、今はそこは考えてはいない。1回戦に集中することしか考えられない」と目の前への集中に意識を向けており「このトーナメントは生半可じゃないので、気を抜ける相手は一人もいない」と語った。

吉村直巳が全集中で臨むDDTのシングル最強を決めるトーナメント「KING OF DDT 2021」は6月10日に第1回戦が行われる。

BLACK OUT presents KING OF DDT 2021 1st ROUND
日時:2021年6月10日(木) 開場18:30 開始19:00
会場:東京・新宿FACE

■対戦カード
トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
HARASHIMA vs 大石真翔
トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
火野裕士 vs 坂口征夫
トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
MAO vs 高尾蒼馬
トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
彰人 vs 竹下幸之介
トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
上野勇希 vs 佐々木大輔
トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
勝俣瞬馬 vs 秋山準
トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
樋口和貞 vs 吉村直巳
トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
遠藤哲哉 vs クリス・ブルックス
アンダーマッチ~KING OF DDT 2021をぶっ飛ばせ!
男色ディーノ&アントーニオ本多&大鷲透&平田一喜&伊橋剛太 vs 岡田佑介&飯野雄貴&納谷幸男&岡谷英樹&高鹿佑也

BLACK OUT presents KING OF DDT 2021 2nd ROUND
日時:2021年6月20日(日) 開場10:30 開始11:30
会場:東京・後楽園ホール

■対戦カード
トーナメント2回戦 時間無制限一本勝負
HARASHIMA対大石真翔の勝者 vs 火野裕士対坂口征夫の勝者
トーナメント2回戦 時間無制限一本勝負
MAO対高尾蒼馬の勝者 vs 彰人対竹下幸之介の勝者
トーナメント2回戦 時間無制限一本勝負
上野勇希対佐々木大輔の勝者 vs 勝俣瞬馬対秋山準の勝者
トーナメント2回戦 時間無制限一本勝負
樋口和貞対吉村直巳の勝者 vs 遠藤哲哉対クリス・ブルックスの勝者
※2回戦終了後に準決勝の組み合わせ抽選をおこないます。
アイアンマンヘビーメタル級選手権バトルロイヤル
<6月2日時点の王者>青木真也
<挑戦者>赤井沙希、アントーニオ本多、大鷲透、平田一喜ほか
※第1512代王者は防衛戦。
※タイトルの性質上、チャンピオンが変更される場合や同選手権試合としておこなわれない可能性がございます。
ステーキ食いやがれpresentsスペシャルシングルマッチ
岡田佑介 vs 超大物X
※特別立会人=林下清志
※ほか数試合予定。

吉村直巳のインタビュー後編は下記にて確認可能。

【プロレスTODAY増刊号】第2部 DDT・吉村直巳「憧れの火野裕士を乗り越える!DISASTERは家族」とユニットの人間模様に言及

<インタビュアー:プロレスTODAY総監督 山口義徳>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事