【AEW】7.7 ダイナマイト ヤングバックスがAEW世界タッグ王座をストリートファイトで防衛!アンドラデ・エル・イドロがAEWデビュー

現地時間7日(日本時間7月8日)米国にてAEW DYNAMITEの放送が行われた。

ヤングバックスのAEW世界タッグ王座防衛戦はストリートファイトで行われ、画鋲やスプレーなどのアイテムが行きかうハードコアな展開に。最後は画鋲を口に押し込んでのスーパーキックでヤングバックスが防衛に成功。

4つのコーナーを先にタッチした方が勝つサウスビーチストラップマッチはコーディ・ローデスが制した。

ジョン・モクスリーとカール・アンダーソンのオハイオ州シンシナティ出身の2人によるIWGP USヘビー級選手権が7.14ファイターフェスト1で決定。

クリス・ジェリコとMJFは5番勝負で勝負を展開する約束をかわすも最後はジェリコがジューダス・エフェクト。

AEWデビューを飾ったアンドラデ・エル・イドロは勝利した後も大暴れ。

元WWEのアリスター・ブラックこと「マラカイ・ブラック」がアーン・アンダーソンとコーディにブラックマスを見舞った。

各試合結果は下記の通り

第1試合 サウスビーチストラップマッチ
〇コーディ・ローデス vs QTマーシャル✖
※先にコーナーを4つタッチした方が勝利する形式

 

第2試合 6人タッグマッチ
サンタナ&オルティス&ジェイク・ヘイガー✖
vs
ウォードロー&FTR〇

※ビッグリッグ

 

◆ジョンモクスリーとカールアンダーソンのIWGP USヘビー戦決定◆

次週のファイターフェスト1でIWGP USヘビー級王者ジョン・モクスリーにカール・アンダーソンの挑戦が決定

 

◆クリス・ジェリコとMJF◆

※クリス・ジェリコとMJFが長テーブルで向かい合っての挑発合戦。MJFはジェリコに5番勝負を要求する。最初の4人の試合形式はMJFが選択、最後の5人目がMJFだと発言。この要求をジェリコは受諾。最後に握手を要求したMJFに応じたクリス・ジェリコに見えたが、ジェリコは手を握ったまま離さずジューダス・エフェクトを決めてしまう。

 

第3試合 シングルマッチ
〇アンドラデ・エル・イドロ vs マット・サイダル✖

※エル・イドロ

※AEWデビュー戦を飾ったアンドラデ・エル・イドロ。変形ハンマーロックDDTのエル・イドロで勝利を飾ると、ベルトを使ったダブルアームバーを仕掛けるなど大暴れ。

 

◆アーン・アンダーソンとマラカイ・ブラック◆

※アーン・アンダーソンのへのインタビュー中に突如、会場が暗転。背後に現れたのは元WWEのアリスター・ブラックこと「マラカイ・ブラック」ブラックマスをアンダーソンに叩きこんだマラカイは、コーディ・ローデスにもブラックマスをお見舞い。にやりと不敵に笑いながら花道を後にした。

 

第4試合 ミックスドタッグマッチ
オレンジ・キャシディ&クリス・スタッドランダー〇
vs
ブレイド&バニー✖

※ビッグバンセオリー

 

◆ダン・ランバートとランス・アーチャー◆

アメリカントップチーム(MMAジム)の創設者ダン・ランバートがAEWダイナマイトを見た感想をリングに上り話す。「プロレスは90年代から下降しており、AEWは見てられない」とディスるとランス・アーチャーが登場しブラックアウトをお見舞い。

 

第5試合 AEW世界タッグ王座ストリートファイト戦
【王者】〇ヤングバックス
vs
【挑戦者】ペンタ・セロ・ミエド&エディ・キングストン✖

※スーパーキック(with 口内画鋲)

※画鋲やボード、スプレーなど様々なアイテムが散乱するリングで繰り広げられたストリートファイト戦。最後はエディ・キングストンの口の中に画びょうを詰め込んでのスーパーキックでヤングバックスが勝利。AEW世界タッグ王座を防衛した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事