【仙女】橋本千紘がワールドチャンピオンシップ2度目の防衛に成功!「これからもセンダイガールズ橋本千紘についてきてください」

センダイガールズは11日、東京・後楽園ホール大会~SENJO chronicle〜を開催した。

メインイベントにてセンダイガールズワールドチャンピオンシップ選手権試合、王者・橋本千紘vs桃野美桜(マーベラス)が行われ、橋本がオブライトで2度目の防衛に成功した。

橋本は試合後のマイクにて「おい桃野!これからずっと、私のライバルとしてやっていけ!
今日は本音を言います。日頃練習をして、プロレスの事だけを考えられる環境にいて、今日それに伴った集客は、自分がメインイベントだからそれが全然出来ていなくて、どうしても他の女子プロレス団体と比べてしまって。今、里村さんもいなくて、チサコさんも欠場していて、自分がセンダイガールズを引っ張って行かなければいけない状況なのに、本当に試合に勝つ事よりも悔しい気持ちの方が大きいです。でも必ずここから、里村明衣子じゃなくて、橋本千紘がセンダイガールズを作って、私についてくる人間を増やして、ここにいるメンバーも増やして、2年後、3年後見ていてください。
必ず後楽園ホール満員にして、タイトルマッチをやりたいと思います!本当にこんな状況の中、ここに来てくれた方々、自分を信じて、これからもセンダイガールズ橋本千紘についてきてください。」と語った。

後楽園ホール大会 ~SENJO chronicle〜
日時:2021年7月11日(日) 11:30試合開始
会場:東京・後楽園ホール

第1試合
チャレンジマッチ15分1本勝負
×岡優里佳
vs
〇桜花由美
(11:12 ビッグブーツ→体固め)

第2試合 
シングルマッチ15分1本勝負
〇旧姓・広田レジーナさくら
vs
×アイガー
(6:33 スモールパッケージホールド)

第3試合
6人タッグマッチ20分1本勝負
KAORU&〇松本浩代&優宇
vs
宮崎有妃&ライディーン鋼&×笹村あやめ
(13:34 ロックドロップ→片エビ固め )

セミファイナル 
タッグマッチ30本1本勝負
×岩田美香&愛海
vs
〇響&アンドラス宮城
(21:15 ダイビングセントーン→体固め)

メインイベント
センダイガールズワールドチャンピオンシップ選手権試合30分1本勝負
〇橋本千紘vs×桃野美桜
(20:16 オブライト)
※第10代王者が2度目の防衛に成功。

レフェリー 吉野恵悟
リングアナウンサー ムーチャス入江

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事