【東京女子】瑞希がプリプリ王者・山下実優を倒し「東京プリンセスカップ」3連覇を宣言「今回は私の方がトーナメントに懸ける思いが強かった!」

 東京女子プロレスが7月31日、東京・新宿FACEで最強女王決定トーナメント「Ameba presents第8回東京プリンセスカップ」準々決勝を行い、昨年、一昨年と2連覇中の瑞希がプリンセス・オブ・プリンセス王者の山下実優を破り、3連覇を宣言した。

 序盤から山下が得意のキックで攻め立てれば、瑞希はドロップキック、フェースロックで応戦。10分過ぎ、山下がジャーマン、アティテュード・アジャストメントとたたみかけるもカウントは2。

Skull kickをかわした瑞希はジャックナイフで丸め込むもフォールは奪えず。さらに、瑞希はその場跳びフットスタンプ、投げ捨てキューティースペシャル、ダイビング・フットスタンプを繰り出した。

最後はキューティースペシャルで投げて難攻不落の山下から3カウントを奪取し、ベスト4進出(8月14日、東京・後楽園ホールで準決勝)を決めた。

 瑞希は「化け物に勝ったぞ! みぃちゃん(山下)は瑞希に持っていないものをたくさん持っていて、うらやましいなと思うこともたくさんあるけど。瑞希が持っているものは、みぃちゃんが持ってないから、もう別にいいと思いました。今日闘ってくれてありがとう。みぃちゃんの分まで優勝目指して頑張るね」とマイク。続けて、「去年のプリンセスカップは準決勝、決勝と新宿FACEでした。今回は後楽園で、しかも2DAYSでやることができて、東京女子が大きくなっているなっていうのはすごく感じます。瑞希がその波を引っ張っていくので、皆さん振り落とされないように付いてきてください!」とアピールし、大会を締めくくった。

 バックステージで瑞希は「怪物を地獄に堕とそうと思ったんですけど、まだフチにいるなって感じました。次当たったらどうなるか分からないなって思ったけど、今回は瑞希の方がトーナメントに懸ける思いが強かったと思ってます。東京女子が大きくなっているのもすごく感じているし、このままウジウジしていたら取り残されるなっていうのも分かるので。いろんな子たちが成長してきているけど、まだまだ私は何もつかみきれていないので。3連覇してまた大きく大きくなっていきたいと思います!」と3連覇を口にした。

 一方、団体旗揚げ当時から、エースと呼ばれながらも、この「東京プリンセスカップ」では優勝に縁がない山下は「自分が攻めているときに、なるべく距離を取らないようにしていたけど。最後の最後に、ちょっと瑞希のことをなめていたかもしれません。今回チャンピオンとして挑んでいた反面、トーナメントに弱い山下、一人の山下として挑戦していた部分があるので。そこでもう惨敗です。でもあきらめませんよ。私が東京女子にいる限り。次、第9回で私が優勝ですよ!」と肩を落としながらも、来年を見据えていた。

第8回東京プリンセスカップ
【日時】2021年7月31日(土)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】226人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
上福ゆき&桐生真弥&●宮本もか vs 舞海魅星&原宿ぽむ○&鳥喰かや
9分19秒 片エビ固め
※ぽむ・ど・じゃすてぃす

▼第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
○ハイパーミサヲ vs 天満のどか vs 猫はるな●
8分22秒 片エビ固め
※ハイパミ・リターンズ

▼第三試合 20分一本勝負
○乃蒼ヒカリ&らく&荒井優希 vs 角田奈穂&小橋マリカ&遠藤有栖●
11分11秒 ブリザード・スープレックス・ホールド

▼第四試合 トーナメント準々決勝 時間無制限一本勝負
○伊藤麻希 vs 鈴芽●
11分32秒 伊藤パニッシュ

▼第五試合 トーナメント準々決勝 時間無制限一本勝負
●愛野ユキ vs 渡辺未詩○
12分15秒 体固め
※ティアドロップ

▼セミファイナル トーナメント準々決勝 時間無制限一本勝負
○中島翔子 vs 辰巳リカ●
13分21秒 片エビ固め
※ダイビング・セントーン

▼メインイベント トーナメント準々決勝 時間無制限一本勝負
●山下実優 vs 瑞希○
14分31秒 キューティースペシャル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加