【東京女子】手負いの伊藤麻希が瑞希の3連覇を阻止して「東京プリンセスカップ」決勝にコマ進める「優勝してハッピーエンドが存在するってことを証明する」

 東京女子プロレスが8月14日、東京・後楽園ホール大会を開催。「Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ」準決勝で伊藤麻希が3連覇を狙った瑞希を破って、同15日(同所)の決勝戦にコマを進めた。

 7月31日の準々決勝(東京・新宿FACE)での鈴芽戦で顔面を骨折しながらも、この日、強行出場した伊藤は果敢にヘッドバット、スイングDDT、エプロンでのDDTなどを繰り出した。

瑞希もフットスタンプ、雪崩式キューティースペシャルなどで応戦。15分過ぎには強烈なエルボーの打ち合いになったが、伊藤がヘッドバットから伊藤デラックスで絞め上げて、瑞希からギブアップを奪った。

 試合後、瑞希とガッチリ握手を交わした伊藤は「瑞希! オマエのお陰で強くなれたから。オマエのお陰でここまで来られたから。ありがとうな」とマイク。続けて、「顔面骨折して、それで明日優勝したらこんなにかっこいいことはないよな。絶対やるよ。あまりハッピーエンドとか信じてなくて。でも伊藤がその証拠になればいいか。明日、伊藤が優勝してハッピーエンドがこの世界に存在するってことを証明してやるよ!」と優勝宣言。

 バックステージでは、「瑞希超えを果たしました。ホントにここまで来れたのは瑞希の存在が大きい。デビュー当初から、ずっとライバル視してたから。勝ったのは今でも信じられないかも。ギブアップした瞬間泣いてたから、たぶんもっと強くなってくるんだろうなって思う。だから伊藤も足を止めずに頑張んないと。あと、顔が痛いから、明日、ホントに頑張る」とコメント。

 決勝は中島翔子との対戦になるが、伊藤は「メッチャ苦手。ああいう速くてテクニカルでルチャっぽいやつ、すごい苦手なんだよ。だから決めてることは一つなんだけど。当たって砕けろだよね。それでダメならもう納得いくし。相手が強いのは分かってるから、当たって砕けろです」と自身に言い聞かせていた。

 一方、3連覇がならなかった瑞希は「すごく悔しいけど、瑞希と伊藤さんにしか分からない空間もあって。初めて負けて。もう終わりやって思ったけど、まだまだ瑞希と伊藤さんとはこれからも…。伊藤さんは特別な存在で。今回は負けたけど、伊藤さんに優勝してほしいって思うけど、次やったら絶対に負けないです」と話した。

Ameba presents 第8回東京プリンセスカップ
【日時】2021年8月14日(土)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】437人

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
愛野ユキ&●桐生真弥 vs 角田奈穂○&鳥喰かや
10分3秒 体固め
※紫電改

▼第二試合 20分一本勝負
舞海魅星&●宮本もか vs 鈴芽○&遠藤有栖
13分21秒 片エビ固め
※リングアベル

▼第三試合 20分一本勝負
アジャコング&らく&●猫はるな vs ハイパーミサヲ&天満のどか&上福ゆき○
11分42秒 片エビ固め
※フェイマサー

▼第四試合 スペシャル6人タッグマッチ 20分一本勝負
○沙希様&メイ・サン=ミッシェル&ユキオ・サン=ローラン vs 辰巳リカ&原宿ぽむ●&アントーニオ本多
14分21秒 ベルサイユ式フットチョーク

▼第五試合 坂崎ユカAEW凱旋試合 20分一本勝負
山下実優&●小橋マリカ vs 坂崎ユカ○&乃蒼ヒカリ
11分56秒 片エビ固め
※マジカルメリーゴーランド

▼セミファイナル Ameba presents第8回東京プリンセスカップ準決勝 時間無制限一本勝負
○中島翔子 vs 渡辺未詩●
12分27秒 ロコモーション式ノーザンライト・スープレックス・ホールド

▼メインイベント Ameba presents第8回東京プリンセスカップ準決勝 時間無制限一本勝負
●瑞希 vs 伊藤麻希○
18分39秒 伊藤デラックス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事