【ハードヒット】佐藤光留が故青木篤志さんの魂をもって大仁田厚に電流爆破戦を直訴!地獄のデスマッチでの対戦実現か?8.22 富士通スタジアム川崎 佐藤光留デビュー21.5周年記念興行「真夏の変態祭り」

 全日本プロレスなどで活躍する佐藤光留(パンクラスMISSION)と大仁田厚との電流爆破デスマッチでの対戦が急浮上した。

 佐藤は8月22日、自身がプロデュースするハードヒットで「佐藤光留デビュー21.5周年記念興行~真夏の変態祭り」を神奈川・富士通スタジアム川崎で開催。そのセミファイナルで大仁田、ヨシタツ、佐野直組が、関根シュレック秀樹、和田拓也、田馬場貴裕のハードヒット軍団と「ストリートファイトトルネード電流爆破バット6人タッグデスマッチ」で激突。

大仁田は和田の爆破バット攻撃で被爆し窮地に陥るも、蘇生して田馬場に毒霧を噴射。

続けて、田馬場に爆破バットをフルスイングして3カウントを奪取した(11分31秒、体固め)。

試合後にはハードヒット軍団に「オマエら格闘技の人間だろうけど、生きていくためには何でもやらなきゃいけないんじゃ。またやろうじゃないか!」とエールを送った。

 控室に引き揚げようとした大仁田を通路で呼び止めた佐藤は「今年もありがとうございました。今日、来てもらったのは大仁田さんに言いたいことがあったんです。ずっと僕と一緒にプロレスをやってきた青木さんが亡くなった。去年、青木さんの弔いに来てくれたじゃないですか。でも時間が経って、だんだん薄れて来てるんですよ。青木さんはいつも全日本のこととか、ジュニアのこととか話してた。青木さんは『電流爆破楽しかったな。あんな刺激的なことはない。また大仁田厚と電流爆破がやりたい』と言ってたんです。今、体は二人じゃなくて、一人になっちゃいましたけど、俺たち、いつでもプロレスラーとしての魂は一つなんで。また俺と青木さんの魂と、電流爆破のリングに上げてください。そのお願いに来ました」と直訴。

 これに対して、大仁田が「全日本じゃなく、青木選手と佐藤の願いだな。青木選手の遺志を継いで、オマエが電流爆破のリングに上がるんだな? 今の電流爆破はただもんじゃないぞ。それでもいいのか?」が言うと、佐藤は「どんな電流爆破でも、俺と青木さんのプロレスでいきます。よろしくお願いします」と懇願。

 大仁田が「地雷に落とすかもしれないぞ」と言えば、佐藤は「落とされるかもしれないですよ。でも青木さんが大仁田さんを地雷に落とすかもしれない。覚悟してます」と返答。大仁田は「怖じ気づくなよ。地獄のデスマッチ。昔のバットだけのとは違うぞ。青木選手の遺志を継ぐなら最後まで貫き通せ。青木選手の遺言だろ」として受諾した。

 青木さん、佐藤と大仁田はかつてアジアタッグ王座を巡って死闘を繰り広げ、電流爆破のリングでも闘った。青木さんは19年6月3日、バイク事故で帰らぬ人となったが、佐藤は昨年8月29日、富士通スタジアム川崎で開催した自身の20周年興行で大仁田にオファーを出した。大仁田は佐藤の20周年祝いと、青木さんへの追悼の意を込めて電流爆破デスマッチを敢行した。

 あれから1年の月日を経て、今年も佐藤の周年興行に出場した大仁田は7月4日、鶴見爆破アリーナ(鶴見青果市場)で爆破に特化した団体FMW-Eを旗揚げ。地獄のデスマッチに代表されるように、試合形式はよりハードになった。そのリングに、青木さんの魂をもった佐藤が上がる可能性が出てきたといえそうだ。

 なお、この日、佐藤は実に6試合に出場。第7試合では、植木嵩行と組み、木高イサミ、阿部史典組と「富士通スタジアム川崎公認凶器持ち込みエニウェアフォールルール」で対戦。

途中、公認凶器として、佐藤側に渡慶次幸平、木高側に大和ヒロシが加わるなか、佐藤は場外での横入り式エビ固めで阿部に敗れた。結局、佐藤は1勝もできなかったが大きなインパクトを残して、興行は大成功だった。

▼【Opening VTR】佐藤光留デビュー21.5周年記念興行「真夏の変態祭り」2021.8.22 神奈川・富士通スタジアム川崎

ニコプロpresents佐藤光留デビュー21.5周年記念興行「真夏の変態祭り」
日時:2021年8月22日(日)
開場:14時00分 試合開始時刻:15時00分
メインカード開始時刻:18時00分
会場:神奈川・富士通スタジアム川崎
観衆:大和ヒロシの口が931(主催者発表)

第1試合 前口太尊プロレスデビュー戦 タッグマッチ 20分1本勝負
 佐藤光留(パンクラスMISSION)
●前口太尊(飯伏プロレス研究所)
9分50秒 逆エビ固め
 青柳亮生(全日本プロレス)
○本田竜輝(全日本プロレス)

第2試合 株式会社りくつなpresentsハードヒットルール フリーダウン&フリーエスケープルール タッグマッチ 15分1本勝負負
 佐藤光留(パンクラスMISSION)
△松本崇寿(フリー)
15分00秒 時間切れ引き分け
 渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)
△井土徹也(HEAT-UP)

第3試合 デッドリフ太郎presentsYMZ対BASARA、地獄の対抗戦in華倭叉鬼 6人タッグマッチ 15分1本勝負
 佐藤光留(パンクラスMISSION)
 米山香織(YMZ)
●ベストストレッチマンV3(所属不明)
11分24秒 スワントーンボム→片エビ固め
 SAGAT(BASARA)
○下村大樹(BASARA)
 中野貴人(BASARA)

第4試合 株式会社りくつなpresents「JEEEP」提供試合 5wayタッグマッチ 桜島ライブが終わるまで1本勝負
○土肥こうじ
 PLEASE ABEIN
14分12秒 人殺しラリアット→片エビ固め
 泣くな、泣くな、そんな佐藤光留で
●おSUSHIにかえろう
※あとの3チームはフランシスコ順子&バリヤン順子、僕のギターにはいつも岡田剛史&真っすぐなTAMURA(田村和宏)の母ちゃん、菊タロー一輪の骨&友達が小橋太っちゃっ太

第5試合 元阪口presents IGFFルール シングルマッチ 15分1本勝負
△佐藤光留(パンクラスMISSION)
15分00秒 時間切れ引き分け
△定アキラ(AlmaLibre)

第6試合 全日本プロレス提供試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
○諏訪魔(全日本プロレス)
 SUSHI(元全日本プロレス)
 田村男児(全日本プロレス)
17分24秒 ラリアット→片エビ固め
 石川修司(全日本プロレス)
 斎藤ジュン(全日本プロレス)
●斎藤レイ(全日本プロレス)

第7試合 株式会社STRアドバイザリーpresents 富士通スタジアム川崎公認凶器持ち込みエニウェアフォールルール タッグマッチ 45分1本勝負
●佐藤光留(パンクラスMISSION)
 植木嵩行(フリー)
21分59秒 横入り式エビ固め
 木髙イサミ(BASARA)
○阿部史典(BASARA)

セミファイナル サブロク工房presents ストリートファイトトルネード電流爆破バット6人タッグデスマッチ 60分1本勝負
○大仁田厚(フリー)
 ヨシタツ(全日本プロレス)
 佐野直(フリー)
11分31秒 電流爆破バットフルスイング→体固め
 関根シュレック秀樹(ボンサイ柔術)
 和田拓也(フリー)
●田馬場貴裕(IMPACT)

メインイベント 株式会社新太平洋運輸presents「川村亮、負けたら即引退試合」シングルマッチ 時間無制限1本勝負
○鈴木みのる(パンクラスMISSION)
18分34秒 ゴッチ式パイルドライバーon the チェアー→体固め
●川村亮(パンクラスイズム横浜)
※敗れた川村亮は即引退…のはずが、エイドリアンストップがかかり「ロッキー川村2」に改名。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事