【ZERO1】「天下一Jrトーナメント1回戦」8.26宇都宮オリオンスクエア大会 試合結果

プロレスリングZERO1より「天下一Jrトーナメント1回戦」8.26宇都宮オリオンスクエア大会 試合結果

8.26宇都宮オリオンスクエア

▼第一試合 栃木プロレス 旗揚げ戦 15分1本勝負
○永尾颯樹
vs
松永準也✕
(9分45秒シャチホコ式逆エビ固め)

栃木プロレスの旗揚げ第二戦は、昨日、メインでタッグを組んだ永尾と松永のシングル戦。
デビュー後、ケガに泣かされ、2回の長期欠場の為、意外にも、未だ勝利の永尾。
逆に「元気印」こと松永は、日力との同期対決勝利以降、飛ぶ鳥を落とす勢い。

先輩の初勝利を献上するほどの優しさは持ち合わせておらず、真っ直に向き合う。
技というよりは、気持ちのぶつかり合いは永尾の勝利!

永尾はプロ初勝利。

 

▼第二試合 天下一Jrトーナメント 1回戦 30分1本勝負
✕日力源太
vs
○井坂レオ
(10分41秒シューティングスタープレス)
※井坂が2回戦進出

今はMarvelusInpactとして、長与千種&彩羽匠を支える、唯一の男子レスラーとして活躍中の井坂。
元イーグルプロレスとして、地元栃木初凱旋となる。
井坂の得意な空中戦を軸に、若き日力をゆっくりと追い込んでいく。
しかし、天下一初エントリーの日力もここで掴んだチャンスを逃すわけにはいかず、一瞬のスキを狙う。
最後は井坂のシューティングスタープレスで2回戦へコマを進めた。

■コメント
「名古屋の二回戦キップ。手に入れました!さすが、ZERO1の選手、当たりが強い!でも、勝ちました!二回戦のヒデ久保田選手!大先輩ですが、マーベラス魂で、勝って優勝します!栃木はホームなので、これからも『栃木プロレス』さん、宜しくお願い申し上げます!」

 

▼第三試合 栃木プロレス旗揚げ戦 タッグマッチ30分1本勝負
田中将斗&○菅原拓也
vs
太嘉文&馬場拓海✕
(22分51秒十三不塔→体固め)

旗揚げ二戦目のメインイベントはリベンジャーズと若獅子によるタッグ。
馬場は先日の山梨大会で、プロレスリングNOAH・宮脇純太選手に敗れるも、「俺はZERO1だ!」と、何度でも立ち上がるのがモットーのZERO1姿勢を見せる。
太嘉文もこの日の為に多大なる準備を行ってきており、気合も人一倍。
しかし、相手は百戦錬磨のリベンジャーズ。
火祭り後、初リングとなる菅原も好アシストを見せ、最後は必殺の十三不塔で菅原の勝ち。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事