【WWE】紫雷イオ&ゾーイ・スタークが不仲ながらもNXT女子タッグ王座初防衛に成功

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者紫雷イオ&ゾーイ・スタークがケイシー・カタンザーロ&ケイデン・カーターを相手にNXT女子タッグ王座戦に挑むと、チーム不仲ながらもイオがムーンサルトでケイシーを沈めて王座初防衛に成功した。

序盤、イオは「助けはいらない」とゾーイの交代を拒否してチーム不仲を露呈するとケイデンに強烈なドロップキックを食らって劣勢。

さらに中盤にはイオがジャーマン・スープレックスやダブル・ニーでケイデンに攻め込むも勝手に交代したゾーイがケイデンに攻撃をよけられてイオに誤爆してしまう。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

するとその隙にケイシーが連携したスプラッシュをゾーイに決めてフォールされたが、イオがスプリングボード・ミサイルキックを放ってカットすると最後はゾーイのベリー・トゥ・バックGTSからイオがムーンサルトをケイシーに叩き込んで3カウント。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

イオ&ゾーイは不仲ながらもケイシー&ケイデンを撃破してNXT女子タッグ王座初防衛に成功した。

試合後にはイオ&ゾーイがベルトを掲げて勝利をアピールしていると、フェイスガードをしたマンディ・ローズとジジ・ドリン&ジェイシー・ジェインが突如現れてケイシー&ケイデンを襲撃した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事