【ウナギ・サヤカ】<インタビュー②>フューチャー・オブ・スターダムで査定試合を行う理由と傾奇者の由来、ウナギにとってのスターダムとは?

成長著しいスターダムの2冠王者ウナギ・サヤカ。前編では開催中の5★STAR GPについてやCOSMIC ANGELSの絆についての話を展開。後編では白川未奈から獲得し、若手や新入団者への壁となっているフューチャー・オブ・スターダム王座についての話や他ユニットと比べてのCOSMIC ANGELSの魅力、傾奇者の由来、ウナギ選手にとってスターダムとは?など幅広い分野に話が及んだ。

 

【フューチャー・オブ・スターダム王座について】

――次はフューチャー戦の話を。白川戦については凄いバチバチしてたと思いますが険悪でしたか?

ウナギ 一言もしゃべってないですね。だって向こうから仕掛けてきたんですよ。そんなもん知るかですよね。

――白川選手もそういうところは強気に焚きつけてきますよね。燃えましたか?

ウナギ 人間っぽくて好きですね、そういうところは。無理に仲良くする必要もないし、白川未奈はプライドがむちゃくちゃ高くて。汚いところをみせない。日本語とかも凄い綺麗だし。育ちがいいっていうのもあるので。人の汚いところをみせないけど、ああやって出してきてくれたっていうことは、レスラーとして一人の対戦相手の感情を動かせたということなので、そういうことに関しては一番美味しいなって思いましたし、あそこで一回負けたけど、次に勝って今ベルトを持てているということに対して、価値があるものだと思ってますし、一回負けて一回勝って今はトントンなので。次の楽しみも増えますし、白川未奈に対してはまた次があるなとは思ってるし、きっとまた次に何かある時に対角にいるんだろうなっていう気持ちはありますね。

――組んで良し戦って良しの間柄というか…

ウナギ そうですね。本当に楽しいですね。ゴッデスの時も白川未奈とタッグを組むなんて本当に予想してなかったんですよ。東京女子に一緒にいる時から、未奈ちゃん先輩だったし「絶対仲良くしないだろうな」っていうくらい、性格かみあわないっていうか、いつも我々じゃないですか?重なることもなかったし「一生仲良くなることもないんだろうな」って 東京女子の時は本当に思っていたんですよ。なので、逆にこっちにきてこんなに横にいるのが信じられないし、東京女子の人はびっくりすると思いますよ。この2人が一緒にいるんだというのが。でもゴッデスもめっちゃ楽しかったですし。白川未奈が横に立って、私のことを信じてくれているのが「一緒に獲りに行こう」って思ってくれているのが、もはや奇跡と思ったので。組んで良しというより、なんですかこの感覚?逆に説明して欲しいんですけど。組んでも良しなわけないんですよ。でもやっぱ組んで同じものを獲りに行くっていうところに、2人の関係がまたグッと強くなるというか。なので組んで良し戦って良しな、そんな“よしよし”な関係ではないと思います。

――目標が一緒の時は…

ウナギ 凄い強いと思いますね。だからもしも、またチャンスがあれば白川未奈とゴッデスに挑戦したいと思うし、未来は無限大だなと思います。

――令和版のある意味クラッシュギャルズですね。あの二人もお互いに仲良しこよしでなく個と個で高めあって技量を高めてお客さんを沸かせていたと思うので。

ウナギ 嬉しいですね。コズエンのいいところって100%信用して100%お互いのガッチリした絆ではなくて「自分が前にでたい」というのが一個あっての絆なので、逆に嘘っぽくないし、本物だと思っていて。

――お二人合わせての意見もまた聞きたいですね。

ウナギ どう思ってるんだろ?絶対ケンカになりそう… だからたむさんが間に必要なんですよ。

――桜井まい選手についてはまだ認めてない?

ウナギ はい、全く。なんなら全然追い出す気でいます。

――ファン的には彼女の頑張りや成長も含めて追いかけていきたいと思います。

ウナギ そうですね。

――同じくアクトレスガールズから月山和香選手とのフューチャー戦がありました。どういう心境で初参戦の相手に名乗りをあげたのでしょうか?

ウナギ やっぱり、試合に対しての自分への負荷やプレッシャーは常にかけ続けてないと成長はしないと思うし、外から来てめちゃくちゃ不安な気持ちはあると思うんですよ。私もそうだったし、逆にスターダムの生え抜きのバチボコに強い奴がいくよりも、1年前に私、前の団体にいて、コミカルな試合しかしていなかったこのウナが「私今ここまで来てますけど、どうですか?」みたいなのは体感してもらいたいというか。もしかしたら1年違ったら立場は同じなわけで。そういう意味ではスターダムにあがる覚悟をスターダムじゃない私がするというか。生まれ育ったのがスターダムじゃない私が(査定試合を)するっていうのが、いいのかなっていうのもあるし。自分がよくわからない人と試合をしてみるっていうのも初めてだったので「2回続けてやれば強くなるでしょ?」っていう感じ。自分への負荷もあります。

――自分のためでもあると。ある意味、優しいなと思いました。気持ちがわかる人が見るというのは一番良いかなと思いますし「これだけ頑張らないとまだこの立場にいけないのか」っていうのをみせつけるっていう発言はウナギ選手の優しさが垣間見えた瞬間だと思いました。

ウナギ やめてください!優しさなんかないです!だって自分もきっつい思いをこの1年してきたので。怪我しながら、テーピング箇所どんどん増えながら、7番勝負したりだとか。スターダムって試合数のテンポも含めて本当にキツイんですよ。でもキツイって言ってしまうのは楽で。逃げようと思ったら逃げれるし、ここで負けようと思ったら負けれるわけじゃないですか。っていうのをどこまで自分を強くするために、耐えていくのかっていうのは、スターダムの中で一番重要かなって思っていて。なので、もう試練は始まってますよね。

――本当にスターダム参戦からのこの1年は凄い成長したと思います。技の見せ方とか極め方とか、見栄の切り方も含めてなんですけど、女子の一流の駆け上っている選手のよくあるパターンにハマっているなと思います。

ウナギ イエーイ!嬉しいです。

――ウナギ選手は大化けしてきてますね。実績もついてきているし、女子プロ界の注目の的だと思いますよ。

ウナギ ありがたい。嬉しいー

 

次ページ、他ユニットや傾奇者の由来について語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3