【新日本】コブが後藤を下し三連勝!「このオレが全勝で優勝決定戦に進む」<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月29日(水)、東京・後楽園ホールで『G1 CLIMAX 31』第6戦を開催。

今大会ではBブロック公式戦(3日目)全5試合が行われた。

第3試合の公式戦は後藤洋央紀(0勝2敗)とジェフ・コブ(2勝0敗)が対戦。

両者、肉体を激しくぶつけ合う真っ向勝負の対決を行った。

ゴツゴツとしたぶつかり合いはヘッドバットの打ち合いを制したコブが後藤の動きが止まると一気にツアー・オブ・ジ・アイランドで3カウントを奪取した。

試合後バックステージでコブは次戦のタマ・トンガについて「次は? タマ・トンガか。オーケイ、タマ・トンガはバックステージコメントだけはいつも一丁前だな。でもなタマ、勘違いするな。オレはBULLET CLUB内のいざこざとは一切関係ない。オレはUNITED EMPIREのザ・ハチェット、そしてIMPERIAL UNITだ。」とコメント。

※試合後バックステージコメントを全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月29日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:664人

▼第3試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
後藤 洋央紀 ×(0勝3敗=0点)
vs
ジェフ・コブ 〇(3勝0敗=6点)
15分08秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2