【スターダム】ハイスピード王者・キッドとAZM、コグマが12・29両国で3WAYバトル!キッド「このベルトも、そしてこのマスクも、全部身に着けたまま寅年を迎え入れるだけ」

女子プロレス・スターダムは12日、東京・ベルサール高田馬場での大会終了後に会見・調印式を行い、12月29日両国国技館で開催する『STARDOM DREAM QUEENDOM 2021』の全対戦カードが発表された。

今大会で行われるハイスピード選手権試合3WAYバトルでは、王者のスターライト・キッドにAZM、コグマが挑戦する。

会見に登場したキッドはAZMとコグマにマスクを渡して着席。

AZM「永遠のライバルのスターライト・キッド、闇に落ちてからのお前は自信と勢いで驚異的だな。だけど、私がハイスピード落として約9ヶ月間、何もしてなかったわけじゃないんですよ。まあキッド、お前を最速で追い抜いて、キッドを倒して始まる私の第2章を両国国技館でお見せいたします。お楽しみに」

コグマ「私、今日、前哨戦でキッドに勝ちました。私の武器はジャーマンだけじゃない。それが分かったと思います。また私は、今度こそハイスピード王者に返り咲きたいと思ってます」

キッド「第21代ハイスピードチャンピオン、闇に踊るスカイタイガー、スターライト・キッドで~す。このハイスピードの3WAYが正式決定したわけだけども…今日、私はコグマに負けた。コグマ、2回連続挑戦できるのは運がいいね。でもハイスピードのタイトルマッチとなれば、お前は代々木同様、このベルトに手が届かず終わるだけ。要は、運がない残念なクマさんだってこと~。AZMはねえ、AZMとこのベルトを懸けて、挑戦者として迎え撃つことができて私は本当に本望だよ。今日、勝った技、ヌメロ・ウノ?それ、私のために用意してきてくれたのかな?(AZMがもちろんと返答)さすがライバルだねえ。ちなみに、あずみ寿司はもう通用しねえからな。ってことで、来年は寅年なんだよ、寅年。私が一番輝く年なの。もう過去のハイスピードチャンピオンはいらないから、私が本物のハイスピードチャンピオンだってことこの3WAYでしっかりと証明して、このベルトも、そしてこのマスクも、全部身に着けたまま、私は寅年を迎え入れるだけ」

コグマ「虎?虎?来年は寅年。私の干支、虎」

AZM「いやいや、私そんなこと言ったら寅年ではないですけど、来年20歳になるんですよー!一番めでたいですよ私が。最後にリングに立ってるの、このAZMパイセンだからな、覚えとけよ!」

コグマ「虎もクマも兼ね備えてる私が一番。二つ、二つもある」

キッド「もうねえ、ゴチャゴチャゴチャゴチャうるさい。過去のハイスピードチャンピオンは、私が2人まとめてやっちゃうだけだから。両国国技館、最速のハイスピードバトルをどうぞお楽しみに~!」

キッドは18日の大阪大会でQueen’s Questとの敗者強制ユニット脱退キャプテン・フォールマッチを控えており、キャプテンである渡辺桃か、キッドが負けた時点で試合は終了。敗れたキャプテンの桃ないしキッドはユニットを強制的に脱退し、一方のユニットに移動。キッドが負けた場合はマスクを脱がなければならないルールとなっているだけに、果たして勝利してマスクを守り、29日の防衛戦を行うことができるのか?

『STARDOM DREAM QUEENDOM 2021』
日程:2021年12月29日(水)
FC有料会員ロビー開場3:30PM/開場4:00PM/開始5:00PM
会場:東京・両国国技館

◆ハイスピード選手権試合3WAYバトル/30分1本勝負
《王者》スターライト・キッド(大江戸隊)
vs
《挑戦者》AZM(Queen’s Quest)
vs
《挑戦者》コグマ(STARS)
※スターライト・キッドは4回目の防衛戦

大会詳細は公式サイトにて
https://wwr-stardom.com/schedule/211229/

参考:【スターダム】林下詩美と朱里が共にワールド・オブ・スターダム&SWA二冠戦の勝利と2022年の主役宣言!「必ず決着をつけたいと思っています」

参考:【スターダム】意味深な発言でファンをざわつかせていた中野たむ「この度…自伝を発売することになりました~」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事