【DDT】KO-D無差別級王者・竹下幸之介が岡林裕二との前哨戦を制し、12・26代々木での防衛戦に弾み!秋山準直伝のジャンピング・ニーで吹っ飛ばした

 DDTプロレスが12月18日、名古屋国際会議場イベントホールで「DRAMATIC EXPLOSION 2021」を開催。同26日の東京・国立代々木競技場第2体育館で岡林裕二(大日本プロレス)との防衛戦を控える、KO-D無差別級王者・竹下幸之介が最初で最後の前哨戦を制し、王座戦に弾みをつけた。

 この日のメインイベントで竹下は上野勇希、MAOとのサウナカミーナで出陣。大日本の岡林、青木優也、佐藤孝亮組との全面対抗戦で激突した。

 竹下と岡林は先発して当たると、いきなり竹下がノータッチのトペコンヒーロを決めた。その後、岡林も負けじとブレーンバスター、アルゼンチン・バックブリーカーで攻め立てた。

 2人は強烈なエルボー合戦を繰り広げ、ラリアットの相打ちを見せるなど一歩も引かず。竹下は秋山準直伝のジャンピング・ニーパットを見舞うと、岡林が吹っ飛び、新兵器の威力を見せつけた。

 試合は6人が入り乱れた一進一退のめまぐるしい攻防となったが、竹下が岡林を強引にジャーマンでぶっこ抜くと、上野がブリザード・スープレックスホールドからBME(ベスト・ムーンサルト・エバー)を放って佐藤から3カウントを奪取。竹下は前哨戦で勝利し、DDT軍は対抗戦をモノにした。

 竹下は「僕と岡林選手との試合は、(お客さんに)イヤなことを全部忘れてもらおうと思ってやってるんで、それが伝わればいいと思ってます。それでより白熱したものになっていく。今日もらったラリアットは、(11・3)大田区で何発ももらったのより効いた。あそこから僕もパワーついてるし、岡林選手もパワーアップしてる。あのとき(引き分けで)お互い悔しかったのは一緒なんで相思相愛。すごい試合になるんじゃないですか」とコメント。

 岡林は「26日はガンガンいくんですけど、今日の対抗戦で負けたのは悔しい。大日本はこんなもんじゃないから。竹下、覚悟しとけ!」と気炎を上げ、青木と佐藤はDDTへのリベンジを期していた。

【大会名】DRAMATIC EXPLOSION 2021
【日時】2021年12月18日(土)
【会場】愛知・名古屋国際会議場イベントホール
【観衆】484人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
高尾蒼馬&○樋口和貞 vs 小嶋斗偉&高鹿佑也●
8分57秒 拷問カナディアン・バックブリーカー

▼第二試合 スペシャルシングルマッチ~DDTvsデラべっぴんプロレス 30分一本勝負
○赤井沙希 vs パピヨン朱美●
8分17秒 ケツァル・コアトル

▼第三試合 30分一本勝負
佐々木大輔&○MJポー vs 高梨将弘&岡谷英樹●
8分12秒 体固め
※デスバレーボム

▼第四試合 ハードコアマッチ 30分一本勝負
○勝俣瞬馬 vs ハイパーミサヲ●
15分34秒 片エビ固め
※サウナトランス・スプラッシュ・フロム・ラダー

▼第五試合 スペシャル6人タッグマッチ~DRAGONGATEルール 30分一本勝負
横須賀ススム&大鷲透&○平田一喜 vs クリス・ブルックス&アントーニオ本多●&彰人
13分48秒 体固め
※エゴイスト・ドライバー

▼第六試合 KO-D6人タッグ選手権試合~電流爆破デスマッチ 60分一本勝負
<王者組>男色“ダンディ”ディーノ&○飯野“セクシー”雄貴&今成”ファンタスティック”夢人 vs 大仁田厚&高木三四郎●&クロちゃん<挑戦者組>
9分58秒 体固め
※電流フェロモン爆破バット。第44代王者組が初防衛に成功。

▼セミファイナル 30分一本勝負
HARASHIMA&吉村直巳&秋山準&○納谷幸男 vs 火野裕士&ボディガー&遠藤哲哉&岡田佑介●
15分36秒 エビ固め
※バックドロップ

▼メインイベント スペシャル6人タッグマッチ~DDTvsBJW 30分一本勝負
竹下幸之介&○上野勇希&MAO vs 岡林裕二&青木優也&佐藤孝亮●
19分1秒 片エビ固め
※BME

<写真提供:DDTプロレスリング>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事