【全日本】渕正信、青柳優馬、芦野祥太郎、ライジングHAYATO、スタッフ1名が新型コロナウイルス陽性判定

全日本プロレスは所属の渕正信、青柳優馬、芦野祥太郎、ライジングHAYATO、スタッフ1名が新型コロナウイルス陽性判定を受けたとの発表を行った。

また当初、1月9日に大会を行う予定であった岡崎大会を開催延期予定としていたが、開催中止を合わせて発表。

以下、リリース文。

【弊社所属選手における新型コロナウイルス陽性判定について】

弊社所属の渕正信選手、青柳優馬選手、芦野祥太郎選手、ライジングHAYATO選手、スタッフ1名が新型コロナウイルス陽性判定を受けましたので、ご報告いたします。

本件について、保健所と連携を進め、弊社所属選手並びに職員・大会関係者においては濃厚接触者とは認定されませんでした。

またそれぞれ選手及びスタッフの症状は軽症です。

弊社としましては引き続き感染予防対策を徹底し、各種活動を行ってまいります。

今後の経過につきましては改めてご報告いたしますとともに、お客様や弊社関係者の方々にはご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

全日本プロレス

 

【開催延期予定だった岡崎大会開催中止のお知らせ】

開催延期予定だった岡崎大会は、関係各所との協議を重ねましたが、やむなく中止の決定に至りました。

大会を楽しみにされていたお客様にはお詫び申し上げますと共に、ご理解頂きますようお願いいたします。

またチケットは全て払い戻しをさせていただきます。

払い戻しについては、決定次第お知らせ致します。

《払い戻し対象大会》

「2022 NEW YEAR WARS」
2022年1月9日(日) 17:00 愛知・岡崎市竜美丘会館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事