【大日本】青木優也の診断結果「左脛骨、左腓骨の骨折」復帰時期は未定も本人は「骨は折れたけど、心は折れてません!!」

大日本プロレスより昨日の後楽園大会で行われたセミファイナル「一騎当千2022-strong climb-Bブロック公式戦」関本大介vs青木優也の試合で、青木が場外へのトペ・コンヒーロを放った際に負傷してタンカに運ばれていたが、医師の診断の結果を公表した。

以下、団体リリースより。

ーーーーーーーー

昨日の試合中に負傷しました青木優也選手ですが診断の結果

左脛骨、左腓骨の骨折

と診断されました。

復帰時期は未定となります。
2月中の決定済み対戦カードの変更に関しては各大会をご確認ください。

ご心配をおかけいたしますが、引き続き青木選手への応援をよろしくお願いします。

ーーーーーーーーー

また青木は自身のTwitterで「骨は折れたけど、心は折れてません!!必ずリングの上に戻ります。」とツイート。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事