【新日本】SANADAが棚橋を下し新日本でシングル初戴冠!「ここのリングに上がって7年、やっとシングルのタイトルが獲れました。」

新日本プロレスは2月19日(土)、北海道立総合体育センター 北海きたえーるにて『新春黄金シリーズ』を開催。

『新春黄金シリーズ』
日時:2022年2月19日(土) 15:30開場 17:00開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:2,068人

メインではIWGP USヘビー級選手権試合として王者・棚橋弘至がSANADAを相手に初防衛戦を行った。

序盤からSANADAの膝を中心に攻め立てる棚橋。

チャンスと見たSANADAがムーンサルトプレスを発射。

王者として棚橋も持てる技を次々に披露。

終盤、棚橋が死力を振り絞ってハイフライフローをSANADAがかわすと、すかさずオコーナーブリッジで勝負を決めた。

SANADAが遂に新日本でシングル王座の初戴冠を果たした。

<試合結果>

▼第8試合 60分1本勝負

IWGP USヘビー級選手権試合
<第12代チャンピオン>
棚橋 弘至 ×
vs
<チャレンジャー>
SANADA 〇
29分26秒  オコーナーブリッジ

※棚橋が初防衛に失敗。SANADAが第13代王者となる。

新日本マット参戦7年でついにシングル王座初戴冠を果たし新王者となったSANADAは試合後のリング上でマイクを手に取り「ここのリングに上がって7年、やっとシングルのタイトルが獲れました。」と話し、続いてギフトを観客に要求。

そして対戦相手の棚橋に対し「棚さん、リスペクトです。棚さんとだったら、またいつでも、どこでも、やってもいいかなと思ってます。」と死力を尽くして戦った棚橋に対しエールを送った。

 

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2